マーケット・ブログ

MARKETS
04 March 2020

How Extreme Was the Jan-Feb 2020 Market Move?

By Porntawee Nantamanasikarn, PhD

The first two months of 2020 saw outsized moves in both US Treasury (UST) yields and US credit spreads, driven by the coronavirus/COVID-19 outbreak and its significant impact on the global economic growth outlook. By the end of February, the 10-year UST yield rallied 77 bps to 1.15% whereas the US IG corporate spread widened 29 bps to 122 bps. How extreme was this market move in a historical context?

At the beginning of 2020, our proprietary risk system, WISER, estimated volatility on the 10-year UST yield at 70 bps (annualized) and IG corporate spread at 28 bps (annualized). The magnitude of the Jan-Feb move was equivalent to a 2.6-2.7 sigma (standard deviation) event. Under normal distribution assumptions, the chance of market moves larger than this in magnitude is roughly only 0.5% or less (1 in 200), so it was a really big market move — a tail event, from a risk model perspective.

However, it can be argued that using normal distribution assumptions is likely to underestimate the probability of tail events. We know that tail events in financial markets tend to occur more often than implied by normal distribution (fatter tails). Thus it may be helpful to examine the magnitudes in an empirical manner. Exhibit 1 shows frequency distribution of both series using the past 30 years of bi-monthly data (1990-2019; a total of 180 data points). The bin that the Jan-Feb 2020 move falls into is highlighted in red.

Exhibit 1: Frequency Distribution of Financial Market Shocks
Explore Frequency Distribution of Financial Market Shocks
Source: Bloomberg (USGG10 Index and LUACOAS Index) January 1990- December 2019, as of 31 Dec 2019. Select the image to expand the view.

In the past 30 years, there were five instances when the 10-year UST yield rallied by more than 70 bps in two months — a historical frequency of about 2.8% (1 in 36). This is almost six times more likely to happen than implied by normal assumptions but still quite an extreme tail event. It happened two times in the 1990s when yields were much higher, in the 6%-8% range. More recently, we saw a 174 bps rally in Nov-Dec 2008 at the height of the financial crisis, and two more instances in May-Jun 2010 (-72 bps) and Jul-Aug 2011 (-94 bps) in the days of quantitative easing (QE1 and QE2).

The move in IG corporate spread was relatively less extreme than it was for the 10-year UST yield. In the past 30 years there were 15 instances, or 8.3% (1 in 12) in historical frequency, when the IG spread widened by more than 29 bps in two months. This is about 16 times more likely to happen than implied by normal assumption. It happened five times before 2007 with an average widening of 41 bps, five times during the 2007-2008 financial crisis, including the 271 bps blowout in Sep-Oct 2008, and five more times after the crisis with an average widening of 41 bps. The most recent occurrence was a 32 bps widening in Jan-Feb 2016, driven by the concerns of a China-led global growth slowdown.

What does this mean for market volatility going forward? The market is likely to remain volatile in the short term, given significant uncertainty about the spread of COVID-19 and its economic impact. Indeed, the 10-year UST yield dipped further below 1.0% on March 3 after the Fed’s 50 bps emergency rate cut. Over the longer term, it depends on whether the COVID-19 impacts will be deeper or more prolonged than currently anticipated, or if the impacts will turn out to be more moderate, leading to a quick recovery to investor confidence and global growth.

The next relevant question is how long this short-term rate volatility is likely to last, assuming that Jan-Feb 2020 was already a peak in volatility this time. To answer that, we look at historical data again. Exhibit 2 shows the historical path of absolute changes (another simple measure of volatility) for each of the last five extreme moves in the 10-year UST yield. By definition, volatility will only go down from the peak. From historical experience, it usually takes two to four months for volatility to return to its long-term average (38 bps bi-monthly volatility in the case of the 10-year UST yield).

While examining past market behavior won’t necessarily help us foresee the future, it can be very valuable to frame current events into a historical context from which we can more confidently face the current shock and address its impact.

Exhibit 2: Absolute 10-Year UST Yield Changes After Big Shocks
Explore Absolute 10-Year UST Yield Changes After Big Shocks
Source: Bloomberg (USGG10 Index), January 1990- December 2019. Select the image to expand the view.
投資一任契約および金融商品に係る手数料(消費税を含む):
投資一任契約の場合は運用財産の額に対して、年率1.0%(抜き)を上限とする運用手数料を、運用戦略ごとに定めております。また、別途運用成果に応じてお支払いいただく手数料(成功報酬)を設定する場合があります。その料率は、運用成果の評価方法や固定報酬率の設定方法により変動しますので、手数料の金額や計算方法をこの書面に記載することはできません。投資信託の場合は投資信託ごとに信託報酬が定められておりますので、目論見書または投資信託約款でご確認下さい。
有価証券の売買又はデリバティブ取引の売買手数料を運用財産の中からお支払い頂きます。投資信託に投資する場合は信託報酬、管理報酬等の手数料が必要となります。これらの手数料には多様な料率が設定されているためこの書面に記載することはできません。デリバティブ取引を利用する場合、運用財産から委託証拠金その他の保証金を預託する場合がありますが、デリバティブ取引の額がそれらの額を上回る可能性があります。その額や計算方法はこの書面に記載することはできません。投資一任契約に基づき、または金融商品において、運用財産の運用を行った結果、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動により、損失が生ずるおそれがあります。損失の額が、運用財産から預託された委託証拠金その他の保証金の額を上回る恐れがあります。個別交渉により、一部のお客様とより低い料率で投資一任契約を締結する場合があります。
© Western Asset Management Company Ltd 2020. 当資料の著作権は、ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社およびその関連会社(以下「ウエスタン・アセット」という)に帰属するものであり、ウエスタン・アセットの顧客、その投資コンサルタント及びその他の当社が意図した受取人のみを対象として作成されたものです。第三者への提供はお断りいたします。当資料の内容は、秘密情報及び専有情報としてお取り扱い下さい。無断で当資料のコピーを作成することや転載することを禁じます。
過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。当資料は情報の提供のみを目的としており、作成日におけるウエスタン・アセットの意見を反映したものです。ウエスタン・アセットは、ここに提供した情報が正確なものであるものと信じておりますが、それを保証するものではありません。当資料に記載の意見は、特定の有価証券の売買のオファーや勧誘を目的としたものではなく、事前の予告なく変更されることがあります。当資料に書かれた内容は、投資助言ではありません。ウエスタン・アセットの役職員及び顧客は、当資料記載の有価証券を保有している可能性があります。当資料は、お客様の投資目的、経済状況或いは要望を考慮することなく作成されたものです。お客様は、当資料に基づいて投資判断をされる前に、お客様の投資目的、経済状況或いは要望に照らして、それが適切であるかどうかご検討されることをお勧めいたします。お客様の居住国において適用される法律や規制を理解し、それらを考慮する責任はお客様にあります。
ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニーDTVM(Distribuidora de Títulos e Valores Mobiliários)リミターダ(ブラジル、サンパウロ拠点)はブラジル証券取引委員会(CVM)とブラジル中央銀行(Bacen)により認可、規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーワイ・リミテッド (ABN 41 117 767 923) (オーストラリア、メルボルン拠点)はオーストラリアの金融サービスライセンス303160を保有。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーイー・リミテッド(シンガポール拠点)は、キャピタル・マーケット・サービス(CMS)ライセンス(Co. Reg. No. 200007692R) を保有し、シンガポール通貨監督庁に監督されています。ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社(日本拠点)は金融商品取引業者として登録、日本のFSAの規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・リミテッド(英国、ロンドン拠点)は英金融行動監視機構(FCA)により認可、規制を受けます。当資料は英国および欧州経済領域(EEA)加盟国においては、FCAまたはMiFID IIに定義された「プロフェッショナルな顧客」のみを対象とした宣伝目的に使用されるものです。
ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社について
業務の種類: 金融商品取引業者(投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業)
登録番号: 関東財務局長(金商)第427号
加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会(会員番号 011-01319)
一般社団法人投資信託協会

-->