Environment「環境」、Social「社会」、Governance「ガバナンス(企業統治)」

ウエスタン・アセットのESG投資に対する考え方
ウエスタン・アセットは運用に際して、長期的視点に基づいたファンダメンタル・バリュー(本源的価値)を重視し、複数の分散投資戦略を用いています。弊社の目的は、顧客である投資家のパフォーマンス目標をそれぞれのリスク許容度の範囲内で達成すること、またはそれを上回る成果を上げることです。弊社は、「環境」(Environment)、「社会」(Social)、「ガバナンス(企業統治)」(Governance)(合わせて「ESG」と呼ばれる)による要因は、債券発行体の発行証券の信用力に影響を及ぼし、そのため債券ポートフォリオのパフォーマンスにも影響を与えると考えています。従って、投資分析と意思決定プロセスにESGの観点を取り入れ、社債やその他の債券発行体のクレジット分析を行う際にESG要因の検討を行っています。

ESGとウエスタン・アセットの投資哲学
弊社は投資意思決定プロセスにおけるESG要因の重要性の高まりを認識しています。これらの要因は、長期的な観点とファンダメンタル・バリューに基づく弊社の投資哲学と完全に一致していると考えます。

また投資に際しては、綿密な業界分析や財務分析とともに、データだけでは示すことの出来ない「ソフト」な要因も重要であることを認識しています。通常の投資判断の一環として、弊社のリサーチ・アナリストは、企業のキャッシュフローに対してプラスかマイナスかを問わず、大きな影響を及ぼすあらゆる要因を考慮に入れており、そうした要因の多くがESGに関する要因です。債券投資を行う上でESGの観点を持つことは、投資家が発行体に資金を提供する価格にESG基準が反映されていることを確認することであり、またESG評価が低い場合、それが発行価格にどのように反映されるべきであるか、発行体との間で協議することであると弊社は考えています。

弊社は株式投資家ではなく債券投資家であるため、債券発行時点でより大きな発行プレミアム(またはスプレッド)を要求することにより、ESG評価の低い発行体に弊社が投資を行う場合にはどの程度の代償を求めるのかを発行体の財務担当者に提示することで、最も効果的にその影響を行使することができると考えます。そうすることで、ESGに関心の低い発行体には資金調達コストの上昇という代償が伴うことを認識させることができると考えています。

他の条件が全て同じであれば、ESG要因を高く評価している企業は、そうでない場合よりもリスク・リターン特性は良好であると想定されます。なぜならばESGに関する厳しい基準を満たしている企業は、基準の低い企業に比べて、規制リスクが低く、また風評リスクの影響を受けにくいと想定することは合理的だからです。

ESGの観点を運用プロセスに組みこむ
ウエスタン・アセットでは、業種や個別銘柄が抱える課題や事業機会に関連するマクロ経済情勢・地政学状況を調査・研究し、評価しています。ESGの問題は、ヘルスケアから製造業、エネルギー、農業に至るまで、多くの業種に影響を及ぼしています。弊社のリサーチ・アナリストは、セクターレベルで影響を評価した後、各発行体のESG要因に対する影響を具体的に検証し、それを投資対象のクレジット特性やリスク特性を評価する際に考慮に入れています。「環境」、「社会」、「ガバナンス」の各要因について高い基準を満たしていない投資先は、例えば規制上の処分などを受ける可能性があり、リスクが高い投資とみなし、そうしたリスクに見合う代償をより高い利回りを通じて投資家が得られるよう、発行体にはより高いリスクプレミアムの提供を要求します。 弊社は、運用業界全体でESGへの取り組みがどのように実行されているか今後もリサーチを続けていく方針ではありますが、現在の弊社の枠組みは、優れた投資リターンの追求と社会の持続可能性(サステナビリティ)の促進との最適なトレードオフを実現していると考えます。

弊社は、3つのESG要因の中では「G ガバナンス」が最も重要だと考えており、とりわけ、効果的なインベスター・リレーションズ(IR)と業績報告が最も重要だと考えています。良好なガバナンスなしに「E」と「S」の要因を支える経営陣/リーダーシップが備わっていると確信することできません。良好なガバナンスは、全ての事業において基本であると考えます。

弊社が投資対象として検討する業種の多くで、「E 環境」の要因に対する配慮が必要とされています。こうした事業の一つに公益事業があり、そこでは規制当局が環境基準に関して詳細な規制を定めています。より広い観点から見ると、金属・鉱業、石油その他の重工業など多くの業種においても、汚染軽減、エネルギー消費量、廃棄物のリサイクルと言ったより難しいESG要因が近年課せられています。

「S社会」要因は、企業経営だけではなく、企業に対する消費者の見方に影響を及ぼす可能性があります。自動車業界における労使関係は、弊社が注意深く監視する「S」要因の一例です。

こうした業界に属する各企業がこのような課題に対応するためにどの程度取り組んでいるかを弊社は評価しています。ESGに関連する企業の方針は、企業の経営方針と事業のコスト構造の削減を別の側面から表しているものと弊社は見ており、これらの点はクレジット・リサーチの過程で評価される必要があると考えます。

ウエスタン・アセットと国連責任投資原則(PRI)
弊社は、国連の責任投資原則(PRI)に署名し、その6つの責任投資原則を実行に移すために協力する、投資家の国際的なネットワークに参加しております。受託者としての役割を担う資産運用会社にとって、同原則はESGの問題が投資ポートフォリオのパフォーマンスに影響を及ぼすとの考えを示すものです。責任投資原則を実行することで、署名企業は、より持続可能なグローバル金融システムの発展に貢献することが期待されています。債券運用会社である弊社は、資産の所有者ではないものの、PRIの署名企業として、弊社の受託者責任と整合性を持つ限り同原則を遵守し、「ESGの問題を投資分析や意思決定プロセスに組み入れる」という第1の原則に従っています。加えて、弊社の投資アプローチはPRIのその他の原則、具体的にはESGに関する情報開示をすること、資産運用業界において同原則の普及に努めること、同原則の効果を高めるために投資家間で協働することにも合致しています。またPRIの第6の原則に従って、弊社は今後ESG要因を運用プロセスに組み込むアプローチについて毎年報告を行い、また、弊社が投資する発行体に関しても報告を行う方針です。