マーケット・ブログ

ECONOMY
29 April 2020

GDP Declines 4.8%—1Q Could Have Been Worse, 2Q Will Be

By Michael J. Bazdarich, PhD

Real gross domestic product (GDP) was reported today as declining at a 4.8% annualized rate. Crazily enough, this sharp decline was right in the middle of an extremely wide range of expectations. Yesterday, we saw guesstimates of the GDP number ranging from -11.2% to -1.0%.

Essentially ALL the GDP decline came from one component: consumer spending on services. Sure, there were also sharp declines in production of motor vehicles, reflecting the mid-March shutdown of car factories and equipment investment. However, these were offset by gains in construction and a sharp decline in imports, which serves to boost GDP.

That the decline in services consumption was as huge as it was and that it was essentially equal to the overall dollar decline in GDP is a testament to how utterly strange the current economy is. Consumption of services is typically the most stable component of GDP. Even during the global financial crisis of 2007-09, the quarters with the sharpest declines in GDP saw only slight declines in services consumption. In contrast, during 1Q20, the rate of decline in real services consumption was multiples of that in GDP.

The media is talking about a collapse in demand last quarter. Demand did not collapse so much as it was repressed. It has become trite to say that the current decline is unlike anything we have seen before, but that is nevertheless true, and references to past recessions must therefore be made with a lot of uncertainty and even more humility.

It is questionable how effective fiscal and monetary stimulus measures will be—or how necessary they are—when demand has not declined so much as it has been suppressed. With all aforementioned humility up front, we are inclined to think the post-shutdown rebound can be quick and largely complete, precisely because the decline has been so artificially imposed. Still, for that to happen, the supply side of the economy has to be intact and able to rebound when and as the shutdown is lifted. Government efforts have attempted to address this transition, but the longer the shutdown lasts, the bigger potential problems could be.

Meanwhile, as shocking as the 1Q declines in consumer services were, remember that they reflect only about half a month of shutdown. So, even if the economy were to open broadly by May 15, that would make the 2Q shutdown-related declines in services consumption three times as large as those of 1Q. Furthermore, we will likely see piling on of 2Q declines in the sectors that were still adding to growth in 1Q, such as consumer spending on groceries (think hoarding), housing and foreign trade.

So, get ready for a much bigger GDP decline in 2Q, to be announced in late July. Then again, nothing in today’s news was surprising, given what we already knew of the shutdown-related carnage. In line with that, the equities markets are actually bouncing today in the face of the GDP news. As bad as 2Q GDP is going to be, that also will likely be baked into market pricing by the time it occurs. (Perhaps it already is.)

Exhibit 1: Growth in Real Services Consumption vs. Real GDP
Explore Growth in Real Services Consumption vs. Real GDP
Source: Bureau of Economic Analysis. As of 31 Mar 20. Select the image to expand the view.
投資一任契約および金融商品に係る手数料(消費税を含む):
投資一任契約の場合は運用財産の額に対して、年率1.0%(抜き)を上限とする運用手数料を、運用戦略ごとに定めております。また、別途運用成果に応じてお支払いいただく手数料(成功報酬)を設定する場合があります。その料率は、運用成果の評価方法や固定報酬率の設定方法により変動しますので、手数料の金額や計算方法をこの書面に記載することはできません。投資信託の場合は投資信託ごとに信託報酬が定められておりますので、目論見書または投資信託約款でご確認下さい。
有価証券の売買又はデリバティブ取引の売買手数料を運用財産の中からお支払い頂きます。投資信託に投資する場合は信託報酬、管理報酬等の手数料が必要となります。これらの手数料には多様な料率が設定されているためこの書面に記載することはできません。デリバティブ取引を利用する場合、運用財産から委託証拠金その他の保証金を預託する場合がありますが、デリバティブ取引の額がそれらの額を上回る可能性があります。その額や計算方法はこの書面に記載することはできません。投資一任契約に基づき、または金融商品において、運用財産の運用を行った結果、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動により、損失が生ずるおそれがあります。損失の額が、運用財産から預託された委託証拠金その他の保証金の額を上回る恐れがあります。個別交渉により、一部のお客様とより低い料率で投資一任契約を締結する場合があります。
© Western Asset Management Company Ltd 2020. 当資料の著作権は、ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社およびその関連会社(以下「ウエスタン・アセット」という)に帰属するものであり、ウエスタン・アセットの顧客、その投資コンサルタント及びその他の当社が意図した受取人のみを対象として作成されたものです。第三者への提供はお断りいたします。当資料の内容は、秘密情報及び専有情報としてお取り扱い下さい。無断で当資料のコピーを作成することや転載することを禁じます。
過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。当資料は情報の提供のみを目的としており、作成日におけるウエスタン・アセットの意見を反映したものです。ウエスタン・アセットは、ここに提供した情報が正確なものであるものと信じておりますが、それを保証するものではありません。当資料に記載の意見は、特定の有価証券の売買のオファーや勧誘を目的としたものではなく、事前の予告なく変更されることがあります。当資料に書かれた内容は、投資助言ではありません。ウエスタン・アセットの役職員及び顧客は、当資料記載の有価証券を保有している可能性があります。当資料は、お客様の投資目的、経済状況或いは要望を考慮することなく作成されたものです。お客様は、当資料に基づいて投資判断をされる前に、お客様の投資目的、経済状況或いは要望に照らして、それが適切であるかどうかご検討されることをお勧めいたします。お客様の居住国において適用される法律や規制を理解し、それらを考慮する責任はお客様にあります。
ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニーDTVM(Distribuidora de Títulos e Valores Mobiliários)リミターダ(ブラジル、サンパウロ拠点)はブラジル証券取引委員会(CVM)とブラジル中央銀行(Bacen)により認可、規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーワイ・リミテッド (ABN 41 117 767 923) (オーストラリア、メルボルン拠点)はオーストラリアの金融サービスライセンス303160を保有。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーイー・リミテッド(シンガポール拠点)は、キャピタル・マーケット・サービス(CMS)ライセンス(Co. Reg. No. 200007692R) を保有し、シンガポール通貨監督庁に監督されています。ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社(日本拠点)は金融商品取引業者として登録、日本のFSAの規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・リミテッド(英国、ロンドン拠点)は英金融行動監視機構(FCA)により認可、規制を受けます。当資料は英国および欧州経済領域(EEA)加盟国においては、FCAまたはMiFID IIに定義された「プロフェッショナルな顧客」のみを対象とした宣伝目的に使用されるものです。
ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社について
業務の種類: 金融商品取引業者(投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業)
登録番号: 関東財務局長(金商)第427号
加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会(会員番号 011-01319)
一般社団法人投資信託協会

-->