マーケット・ブログ

ECONOMY
16 July 2019

Australia’s Regulatory Capital Requirements Increased for Banks

By Sean Rogan

On the 9th July 2019, the Australian Prudential Regulation Authority (APRA) released its final decision on the form of capital that will make up part of the Total Loss Absorbing Capital (TLAC) for its domestic systemically important banks (D-SIBs), which comprise the four major Australian banks. Following a consultation period, APRA made some modifications to its original proposal, but has decided to stay with the current Tier 2 instrument to fulfil the additional capital requirement.

APRA have reduced the quantum of additional capital required from a previous level of 4%-5% of risk-weighted assets (RWA) to 3% and extended the period for the capital build to the 1st January 2024. APRA has indicated that the remaining 2% of additional capital required for its TLAC target can be considered at a later date. In essence, a typical capital structure for an Australian D-SIB will look like the following:

Exhibit 1: Typical Capital Structure for an Australian D-SIB
Source: APRA. Note that APRA currently requires the major banks to maintain a minimum 10.5% CET1 by 1st January 2020, to be considered unquestionably strong.
^ Capital conservation buffer.
* Capital surplus of 3.5% is generally higher than the level D-SIBs may normally maintain, as they have acted in anticipation of changes to the capital adequacy framework as a result of the ‘unquestionably strong’ capital benchmarks. APRA expects the D-SIBs to continue to maintain a normal capital surplus in excess of regulatory capital requirements once such changes are implemented.
Select the image to expand the view.

The decision to stay with Tier 2 seems partially driven off the fact that APRA has no authority to introduce a senior non-preferred or a Tier 3 security, the establishment of which would require the government to pass legislation to enable the Banking Act to be modified. An additional concern for APRA was the potential ratings implication for the current senior unsecured ratings, where the rating agencies have typically reduced implied government support when senior non-preferred securities have been introduced into the capital structure.

To this point, post APRA’s announcement S&P placed all four major banks back on Stable outlook. S&P require that the important principles underlying APRA's plan remain unchanged compared with the proposal it announced in November 2018. The main difference is that APRA has set the target additional amount of loss-absorbing capacity by Jan. 1, 2024, to a reduced 3% of regulatory RWA compared with 4%-5% in the previous proposal. S&P expect that the banks would predominantly use Tier 2 capital instruments to strengthen their loss-absorbing capacity. Increased loss-absorbing capacity could lessen the need for the Australian government to provide financial assistance to banks in a stress scenario and thus lessen the financial burden on taxpayers. Nevertheless, S&P believe that this plan does not introduce any policy or process impediments to the government bailing out a D-SIB, in the unlikely event this was required. Nor does it suggest any diminution in the Australian authorities’ willingness to do so.

Currently S&P provide three notches of sovereign support to the Senior Unsecured ratings of the banks. Post the announcement this has remained unchanged. Moody’s currently prescribes two notches of Sovereign Support to the Senior Unsecured Rating.

From a market perspective, on current RWA, the banks will need to issue an additional AUD 50 billion in Tier 2 by the 1st January 2024. This is more than double the current outstanding of approximately AUD 40 billion to a total of AUD 90 billion. In round numbers, each bank will be required to do a AUD 3 billion Tier 2 deal each year in addition to refinancing their existing securities.

This is unprecedented volume; however, in current market conditions it does not seem unrealistic. Tier 2 remains reasonably rated with S&P at BBB, Moody’s at Baa1 and Fitch at A-.

The additional volume of Tier 2 will see a commensurate reduction in Senior Unsecured issuance, all things being equal. Post the announcement, Tier 2 initially moved out 20 bps, but it has since recovered those losses. Also post the announcement, 5-year senior bank notes have moved in 6-8 bps to 70 bps, reaching a new post-GFC tight.

投資一任契約および金融商品に係る手数料(消費税を含む):
投資一任契約の場合は運用財産の額に対して、年率1.0%(抜き)を上限とする運用手数料を、運用戦略ごとに定めております。また、別途運用成果に応じてお支払いいただく手数料(成功報酬)を設定する場合があります。その料率は、運用成果の評価方法や固定報酬率の設定方法により変動しますので、手数料の金額や計算方法をこの書面に記載することはできません。投資信託の場合は投資信託ごとに信託報酬が定められておりますので、目論見書または投資信託約款でご確認下さい。
有価証券の売買又はデリバティブ取引の売買手数料を運用財産の中からお支払い頂きます。投資信託に投資する場合は信託報酬、管理報酬等の手数料が必要となります。これらの手数料には多様な料率が設定されているためこの書面に記載することはできません。デリバティブ取引を利用する場合、運用財産から委託証拠金その他の保証金を預託する場合がありますが、デリバティブ取引の額がそれらの額を上回る可能性があります。その額や計算方法はこの書面に記載することはできません。投資一任契約に基づき、または金融商品において、運用財産の運用を行った結果、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動により、損失が生ずるおそれがあります。損失の額が、運用財産から預託された委託証拠金その他の保証金の額を上回る恐れがあります。個別交渉により、一部のお客様とより低い料率で投資一任契約を締結する場合があります。
© Western Asset Management Company Ltd 2019. 当資料の著作権は、ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社およびその関連会社(以下「ウエスタン・アセット」という)に帰属するものであり、ウエスタン・アセットの顧客、その投資コンサルタント及びその他の当社が意図した受取人のみを対象として作成されたものです。第三者への提供はお断りいたします。当資料の内容は、秘密情報及び専有情報としてお取り扱い下さい。無断で当資料のコピーを作成することや転載することを禁じます。
過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。当資料は情報の提供のみを目的としており、作成日におけるウエスタン・アセットの意見を反映したものです。ウエスタン・アセットは、ここに提供した情報が正確なものであるものと信じておりますが、それを保証するものではありません。当資料に記載の意見は、特定の有価証券の売買のオファーや勧誘を目的としたものではなく、事前の予告なく変更されることがあります。当資料に書かれた内容は、投資助言ではありません。ウエスタン・アセットの役職員及び顧客は、当資料記載の有価証券を保有している可能性があります。当資料は、お客様の投資目的、経済状況或いは要望を考慮することなく作成されたものです。お客様は、当資料に基づいて投資判断をされる前に、お客様の投資目的、経済状況或いは要望に照らして、それが適切であるかどうかご検討されることをお勧めいたします。お客様の居住国において適用される法律や規制を理解し、それらを考慮する責任はお客様にあります。
ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニーDTVM(Distribuidora de Títulos e Valores Mobiliários)リミターダ(ブラジル、サンパウロ拠点)はブラジル証券取引委員会(CVM)とブラジル中央銀行(Bacen)により認可、規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーワイ・リミテッド (ABN 41 117 767 923) (オーストラリア、メルボルン拠点)はオーストラリアの金融サービスライセンス303160を保有。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーイー・リミテッド(シンガポール拠点)は、キャピタル・マーケット・サービス(CMS)ライセンス(Co. Reg. No. 200007692R) を保有し、シンガポール通貨監督庁に監督されています。ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社(日本拠点)は金融商品取引業者として登録、日本のFSAの規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・リミテッド(英国、ロンドン拠点)は英金融行動監視機構(FCA)により認可、規制を受けます。当資料は英国および欧州経済領域(EEA)加盟国においては、FCAまたはMiFID IIに定義された「プロフェッショナルな顧客」のみを対象とした宣伝目的に使用されるものです。
ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社について
業務の種類: 金融商品取引業者(投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業)
登録番号: 関東財務局長(金商)第427号
加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会(会員番号 011-01319)
一般社団法人投資信託協会

-->