マーケット・ブログ

MARKETS
09 August 2019

Chinese State-Owned Enterprises—The Case for Differentiation

By Jie Peng

Offshore debt issuance by Chinese State-Owned Enterprises (SOEs) has witnessed a phenomenal rise, making it too significant to ignore. Over the past decade, USD-denominated debt issued by the country’s SOEs has increased by more than 10-fold, reaching a market capitalization of $145 billion. The expansion has been driven by overseas M&A transactions, a desire to diversify funding sources, as well as the lower cost of funding. The scope of business for these SOEs spans major sectors, including resources (energy and metals & mining), infrastructure (transportation and utilities) and others (food and property). Given the dominance of the state’s hand in steering economic policies, SOEs are therefore intertwined with the country’s macro cycle.

With more new entrants in the offshore debt market, the concept of what constitutes an SOE has inadvertently become more elusive. Historically, Chinese SOE debt issuers are comprised almost exclusively of strategic national entities that are 100%-owned by the central government. Apart from policy banks, these companies include oil firms (e.g., China National Petroleum Corporation and China Petrochemical Corporation) and utilities (e.g., State Grid Corporation of China). Over time, however, ties to the state have evolved into a spectrum of varying official support, reflecting unique standalone features among first-time SOE issuers. These differences include the magnitude of influence (100%, majority or partially owned), the type of owner (central government, agency or local), as well as the structure of security (direct issuance, onshore parent guarantee or keepwell undertaking).

All else being equal, the importance of bottom-up analysis cannot be overstated, particularly for SOE credits without systemic significance at the national level. While none of the Chinese SOE bonds have an explicit government guarantee, most if not all Chinese SOEs receive direct or implicit backing. This is often reflected in the multiple-notch uplift on their standalone credit ratings. Despite a widely held belief of sovereign backstop in times of financial stress, we believe the extent and timeliness of state support can vary considerably across SOEs. The Qinghai Provincial Investment Group, which failed to make a timely coupon payment earlier this year, provides a case in point. Two decades ago, at the height of the Asian financial crisis, an investment trust company in China wholly owned by provincial government defaulted on its offshore debt.

Given ongoing reforms that will subject SOEs to greater market scrutiny, credit differentiation will most definitely gain traction going forward. We remain wary of exposure to peripheral SOE credits in non-strategic competitive sectors, such as property and metals & mining. We would also steer clear of companies with minimal publicly available information, as this exposes the investor to “black hole” risk. On the other hand, core SOEs can serve as an appealing proposition for the global investor seeking high-quality diversification outside of developed markets. Our expectation is that large central SOEs with strong financial metrics should stay resilient through the full business cycle, and are less susceptible to a further escalation in the US-China trade spat given their large domestic-oriented operations. Valuation-wise, top-notch A+ rated credits are attractive in the context of the current low-rate, yield-starved environment. To illustrate, Chinese oil SOEs compare favorably, currently trading 30-40 bps wide of DM peers such as British Petroleum and ConocoPhillips.

Exhibit 1: Phenomenal Rise of USD-Denominated China SOE Bonds Over the Past Decade
Source: Bank of America Merrill Lynch, as of 31 Dec 2018. Select the image to expand the view.
投資一任契約および金融商品に係る手数料(消費税を含む):
投資一任契約の場合は運用財産の額に対して、年率1.0%(抜き)を上限とする運用手数料を、運用戦略ごとに定めております。また、別途運用成果に応じてお支払いいただく手数料(成功報酬)を設定する場合があります。その料率は、運用成果の評価方法や固定報酬率の設定方法により変動しますので、手数料の金額や計算方法をこの書面に記載することはできません。投資信託の場合は投資信託ごとに信託報酬が定められておりますので、目論見書または投資信託約款でご確認下さい。
有価証券の売買又はデリバティブ取引の売買手数料を運用財産の中からお支払い頂きます。投資信託に投資する場合は信託報酬、管理報酬等の手数料が必要となります。これらの手数料には多様な料率が設定されているためこの書面に記載することはできません。デリバティブ取引を利用する場合、運用財産から委託証拠金その他の保証金を預託する場合がありますが、デリバティブ取引の額がそれらの額を上回る可能性があります。その額や計算方法はこの書面に記載することはできません。投資一任契約に基づき、または金融商品において、運用財産の運用を行った結果、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動により、損失が生ずるおそれがあります。損失の額が、運用財産から預託された委託証拠金その他の保証金の額を上回る恐れがあります。個別交渉により、一部のお客様とより低い料率で投資一任契約を締結する場合があります。
© Western Asset Management Company Ltd 2019. 当資料の著作権は、ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社およびその関連会社(以下「ウエスタン・アセット」という)に帰属するものであり、ウエスタン・アセットの顧客、その投資コンサルタント及びその他の当社が意図した受取人のみを対象として作成されたものです。第三者への提供はお断りいたします。当資料の内容は、秘密情報及び専有情報としてお取り扱い下さい。無断で当資料のコピーを作成することや転載することを禁じます。
過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。当資料は情報の提供のみを目的としており、作成日におけるウエスタン・アセットの意見を反映したものです。ウエスタン・アセットは、ここに提供した情報が正確なものであるものと信じておりますが、それを保証するものではありません。当資料に記載の意見は、特定の有価証券の売買のオファーや勧誘を目的としたものではなく、事前の予告なく変更されることがあります。当資料に書かれた内容は、投資助言ではありません。ウエスタン・アセットの役職員及び顧客は、当資料記載の有価証券を保有している可能性があります。当資料は、お客様の投資目的、経済状況或いは要望を考慮することなく作成されたものです。お客様は、当資料に基づいて投資判断をされる前に、お客様の投資目的、経済状況或いは要望に照らして、それが適切であるかどうかご検討されることをお勧めいたします。お客様の居住国において適用される法律や規制を理解し、それらを考慮する責任はお客様にあります。
ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニーDTVM(Distribuidora de Títulos e Valores Mobiliários)リミターダ(ブラジル、サンパウロ拠点)はブラジル証券取引委員会(CVM)とブラジル中央銀行(Bacen)により認可、規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーワイ・リミテッド (ABN 41 117 767 923) (オーストラリア、メルボルン拠点)はオーストラリアの金融サービスライセンス303160を保有。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーイー・リミテッド(シンガポール拠点)は、キャピタル・マーケット・サービス(CMS)ライセンス(Co. Reg. No. 200007692R) を保有し、シンガポール通貨監督庁に監督されています。ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社(日本拠点)は金融商品取引業者として登録、日本のFSAの規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・リミテッド(英国、ロンドン拠点)は英金融行動監視機構(FCA)により認可、規制を受けます。当資料は英国および欧州経済領域(EEA)加盟国においては、FCAまたはMiFID IIに定義された「プロフェッショナルな顧客」のみを対象とした宣伝目的に使用されるものです。
ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社について
業務の種類: 金融商品取引業者(投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業)
登録番号: 関東財務局長(金商)第427号
加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会(会員番号 011-01319)
一般社団法人投資信託協会

-->