マーケット・ブログ

ECONOMY
12 September 2019

From “Whatever It Takes” to “As Long As It Takes”—The ECB’s New Monetary Policy Stance Is a Cry for Fiscal Support

By Andreas Billmeier, PhD

Today, the European Central Bank (ECB) adopted a comprehensive package of measures geared at bringing the inflation outlook back in line with its 2% target. The ECB cut the deposit rate, introduced a two-tier system for banks’ reserve remuneration, restarted the asset purchase program without an explicit end date, eased refinancing conditions for banks and, last but certainly not least, modified its interest rate forward guidance to make them state-dependent on the inflation outcome and outlook. To paraphrase ECB President Mario Draghi: “Today we used all instruments.” Bond markets responded with sharply lower yields and flatter curves in higher-yielding peripheral eurozone markets and corporate bonds.

With today’s package, Draghi has made the life of his successor Christine Lagarde both easier and more complicated. Lagarde’s life became a bit easier as the adoption of a large range of easing measures today enables the future ECB President to settle into the new job without having to take major decisions right away—clearly a benefit as she has plenty of policymaking experience but lacks a central banking background. At the same time, her life became a bit more complicated for at least two reasons. First—to stay in the parlance of her previous employer, the International Monetary Fund—she needs to display ownership of the measures taken today. While we don’t think there is a big difference in views between Lagarde and Draghi, taking ownership would have been more straightforward if the measures had been instituted under her guidance, especially given the pending policy review. Second, eurozone monetary policy just became a bit more complicated, both in terms of instruments but also, at least potentially, in terms of acceptance across the eurozone population.

It is the last point, public acceptance of the future interest rate path and the ECB as a whole, which might come to haunt Lagarde in a major way, and sooner rather than later. Savers in Germany but also elsewhere in the eurozone will certainly voice dissatisfaction more prominently than in the past if mainstream financial institutions were to cross the Rubicon into charging negative deposit rates for retail clients. This is not guaranteed as the wholesale deposit tiering system introduced today should mitigate commercial bank losses if the ECB were to cut the policy rate even further, which is likely. That said, if commercial banks cannot make up the losses any longer by charging a fee here and there, some might start thinking in earnest about charging their clients for depositing money in the bank. Those clients are not very receptive to the technical arguments that an un-anchoring of long-run inflation expectations constitutes a threat to the monetary transmission mechanism and that that easy monetary policy has helped the eurozone recovery and consumption everywhere, including by reducing unemployment.

This opens the door for pragmatic fiscal policymaking to support monetary policy where there is fiscal space, rather than monetary policy supporting tight fiscal policy—which is what we have witnessed over the last few years. Draghi was particularly forceful today in his plea for fiscal support. By referencing the package’s potential negative side effects, he implicitly conveyed that the ECB will be passive from here on out and put the ball squarely in the fiscal policymakers’ court. He even went as far as explicitly mentioning a sizeable fiscal stimulus package in the Netherlands as a good example. Another example he did not mention is Germany: the government could subsidize retail bonds to produce an above-market yield for retail investors to make up for potential losses on their current accounts due to negative deposit rates. This is the essence of a recent proposal for a Climate Protection Foundation by the German Minister of Economic Affairs and Energy, Peter Altmaier. Clearly a market distortion, but this proposal would kill three birds with one stone—support the ECB in its cyclical stance while running down fiscal reserves built up from surpluses accumulated over the last few years and keeping savers happy. What’s not to like?

投資一任契約および金融商品に係る手数料(消費税を含む):
投資一任契約の場合は運用財産の額に対して、年率1.0%(抜き)を上限とする運用手数料を、運用戦略ごとに定めております。また、別途運用成果に応じてお支払いいただく手数料(成功報酬)を設定する場合があります。その料率は、運用成果の評価方法や固定報酬率の設定方法により変動しますので、手数料の金額や計算方法をこの書面に記載することはできません。投資信託の場合は投資信託ごとに信託報酬が定められておりますので、目論見書または投資信託約款でご確認下さい。
有価証券の売買又はデリバティブ取引の売買手数料を運用財産の中からお支払い頂きます。投資信託に投資する場合は信託報酬、管理報酬等の手数料が必要となります。これらの手数料には多様な料率が設定されているためこの書面に記載することはできません。デリバティブ取引を利用する場合、運用財産から委託証拠金その他の保証金を預託する場合がありますが、デリバティブ取引の額がそれらの額を上回る可能性があります。その額や計算方法はこの書面に記載することはできません。投資一任契約に基づき、または金融商品において、運用財産の運用を行った結果、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動により、損失が生ずるおそれがあります。損失の額が、運用財産から預託された委託証拠金その他の保証金の額を上回る恐れがあります。個別交渉により、一部のお客様とより低い料率で投資一任契約を締結する場合があります。
© Western Asset Management Company Ltd 2020. 当資料の著作権は、ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社およびその関連会社(以下「ウエスタン・アセット」という)に帰属するものであり、ウエスタン・アセットの顧客、その投資コンサルタント及びその他の当社が意図した受取人のみを対象として作成されたものです。第三者への提供はお断りいたします。当資料の内容は、秘密情報及び専有情報としてお取り扱い下さい。無断で当資料のコピーを作成することや転載することを禁じます。
過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。当資料は情報の提供のみを目的としており、作成日におけるウエスタン・アセットの意見を反映したものです。ウエスタン・アセットは、ここに提供した情報が正確なものであるものと信じておりますが、それを保証するものではありません。当資料に記載の意見は、特定の有価証券の売買のオファーや勧誘を目的としたものではなく、事前の予告なく変更されることがあります。当資料に書かれた内容は、投資助言ではありません。ウエスタン・アセットの役職員及び顧客は、当資料記載の有価証券を保有している可能性があります。当資料は、お客様の投資目的、経済状況或いは要望を考慮することなく作成されたものです。お客様は、当資料に基づいて投資判断をされる前に、お客様の投資目的、経済状況或いは要望に照らして、それが適切であるかどうかご検討されることをお勧めいたします。お客様の居住国において適用される法律や規制を理解し、それらを考慮する責任はお客様にあります。
ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニーDTVM(Distribuidora de Títulos e Valores Mobiliários)リミターダ(ブラジル、サンパウロ拠点)はブラジル証券取引委員会(CVM)とブラジル中央銀行(Bacen)により認可、規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーワイ・リミテッド (ABN 41 117 767 923) (オーストラリア、メルボルン拠点)はオーストラリアの金融サービスライセンス303160を保有。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーイー・リミテッド(シンガポール拠点)は、キャピタル・マーケット・サービス(CMS)ライセンス(Co. Reg. No. 200007692R) を保有し、シンガポール通貨監督庁に監督されています。ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社(日本拠点)は金融商品取引業者として登録、日本のFSAの規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・リミテッド(英国、ロンドン拠点)は英金融行動監視機構(FCA)により認可、規制を受けます。当資料は英国および欧州経済領域(EEA)加盟国においては、FCAまたはMiFID IIに定義された「プロフェッショナルな顧客」のみを対象とした宣伝目的に使用されるものです。
ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社について
業務の種類: 金融商品取引業者(投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業)
登録番号: 関東財務局長(金商)第427号
加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会(会員番号 011-01319)
一般社団法人投資信託協会

-->