マーケット・ブログ

STRATEGY
18 May 2020

Now Is the Time to Consider Global Investment-Grade Credit

By Annabel Rudebeck

As the dust settles after the enormous market volatility in March and April, we are all having to reset our expectations for asset class returns. The prospects for capital gains, income and liquidity have changed. In this new and still unpredictable environment, investments in global investment-grade credit offer the potential for all three.

While still digesting the impacts of COVID-19 and the consequent global lockdowns, it is clear to us that some sectors look extremely challenged fundamentally. Nobody can yet be certain whether we will look back on this as a short period of demand destruction, or something that changes the way we operate in society forever. Fundamental analysis in those areas most impacted is extremely difficult and needs to focus largely on liquidity; can these operators survive through a sustained downturn? Corporate issuers in these sectors are a very small part of the global investment-grade credit universe with aerospace, airlines, gaming, lodging, entertainment and restaurants collectively amounting to just 1.5% of the global investment-grade credit bonds outstanding, according to the Bloomberg Barclays Global Credit Index. The remaining 98.5% of the universe is more robust and can be modelled for significant contractions in global growth. Take the banks for example—central bank stress tests continue to report on the considerable capital build in this sector and we expect resilience for quality banks, even down the capital structure in subordinated bonds. Many non-cyclical credits are well positioned with healthy balance sheets and sizeable liquidity buffers. There will be downgrades and losers within global IG, given the extremity of the economic shock, but we think valuations are compelling for fundamentally stronger names, bringing opportunities for capital gains.

So what about income? Our global investment-grade credit strategy carries a yield of approximately 3%, with only a modest overweight to credit beta, or market risk. That compares to approximately 1% for the Global Aggregate Bonds Index, and considerably less for developed world global government bonds. Turning to equity markets, the recent swathe of dividend cuts and suspensions is a challenge for global investors seeking income and brings considerable uncertainty as to dividends being paid over the coming quarters. The correction in stocks has made dividend yields more attractive than at the start of the year given the fall in equity valuations but even now the S&P 500’s dividend yield is only around 2%. In Europe, meanwhile payouts may be as much as 50% lower in 2020 than in 2019 and dividend futures still price further dividend cuts.

Liquidity was always a hallmark of investment grade credit, but in late March even US Treasuries were struggling to trade efficiently. Since then we have had a considerable central bank response, with a keen eye on restoring liquidity to not only government bond markets but also to investment-grade credit markets. For the first time starting on May 12, the Federal Reserve is buying US investment-grade corporate credit, initially via ETFs, and states in its objectives that it wishes “to facilitate orderly repositioning and pricing of risk.” Meanwhile, the BoE has resumed its corporate asset purchases and the ECB has increased the size of its programmes. These schemes may not serve to send spreads meaningfully tighter but they will provide a meaningful liquidity backstop in times of crisis and have enabled corporates to issue bonds actively once again in the primary markets.

With credit spreads meaningfully wider, we believe investors can take advantage of the current market dislocations and generous concessions to buy assets at historically attractive yield spreads. Dispersion in returns is likely making security selection paramount and a wider global opportunity set desirable. Our bias in the near term is on high-quality issuers that can endure through a prolonged period of economic uncertainty; there is no need to reach for more precarious credits. We expect to see ongoing interest in the asset class.

Exhibit 1: Bloomberg Barclays Global Aggregate Corporate Index OAS
Explore Bloomberg Barclays Global Aggregate Corporate Index OAS
Source: Bloomberg Barclays. As of 14 May 20. Select the image to expand the view.
投資一任契約および金融商品に係る手数料(消費税を含む):
投資一任契約の場合は運用財産の額に対して、年率1.0%(抜き)を上限とする運用手数料を、運用戦略ごとに定めております。また、別途運用成果に応じてお支払いいただく手数料(成功報酬)を設定する場合があります。その料率は、運用成果の評価方法や固定報酬率の設定方法により変動しますので、手数料の金額や計算方法をこの書面に記載することはできません。投資信託の場合は投資信託ごとに信託報酬が定められておりますので、目論見書または投資信託約款でご確認下さい。
有価証券の売買又はデリバティブ取引の売買手数料を運用財産の中からお支払い頂きます。投資信託に投資する場合は信託報酬、管理報酬等の手数料が必要となります。これらの手数料には多様な料率が設定されているためこの書面に記載することはできません。デリバティブ取引を利用する場合、運用財産から委託証拠金その他の保証金を預託する場合がありますが、デリバティブ取引の額がそれらの額を上回る可能性があります。その額や計算方法はこの書面に記載することはできません。投資一任契約に基づき、または金融商品において、運用財産の運用を行った結果、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動により、損失が生ずるおそれがあります。損失の額が、運用財産から預託された委託証拠金その他の保証金の額を上回る恐れがあります。個別交渉により、一部のお客様とより低い料率で投資一任契約を締結する場合があります。
© Western Asset Management Company Ltd 2020. 当資料の著作権は、ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社およびその関連会社(以下「ウエスタン・アセット」という)に帰属するものであり、ウエスタン・アセットの顧客、その投資コンサルタント及びその他の当社が意図した受取人のみを対象として作成されたものです。第三者への提供はお断りいたします。当資料の内容は、秘密情報及び専有情報としてお取り扱い下さい。無断で当資料のコピーを作成することや転載することを禁じます。
過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。当資料は情報の提供のみを目的としており、作成日におけるウエスタン・アセットの意見を反映したものです。ウエスタン・アセットは、ここに提供した情報が正確なものであるものと信じておりますが、それを保証するものではありません。当資料に記載の意見は、特定の有価証券の売買のオファーや勧誘を目的としたものではなく、事前の予告なく変更されることがあります。当資料に書かれた内容は、投資助言ではありません。ウエスタン・アセットの役職員及び顧客は、当資料記載の有価証券を保有している可能性があります。当資料は、お客様の投資目的、経済状況或いは要望を考慮することなく作成されたものです。お客様は、当資料に基づいて投資判断をされる前に、お客様の投資目的、経済状況或いは要望に照らして、それが適切であるかどうかご検討されることをお勧めいたします。お客様の居住国において適用される法律や規制を理解し、それらを考慮する責任はお客様にあります。
ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニーDTVM(Distribuidora de Títulos e Valores Mobiliários)リミターダ(ブラジル、サンパウロ拠点)はブラジル証券取引委員会(CVM)とブラジル中央銀行(Bacen)により認可、規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーワイ・リミテッド (ABN 41 117 767 923) (オーストラリア、メルボルン拠点)はオーストラリアの金融サービスライセンス303160を保有。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーイー・リミテッド(シンガポール拠点)は、キャピタル・マーケット・サービス(CMS)ライセンス(Co. Reg. No. 200007692R) を保有し、シンガポール通貨監督庁に監督されています。ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社(日本拠点)は金融商品取引業者として登録、日本のFSAの規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・リミテッド(英国、ロンドン拠点)は英金融行動監視機構(FCA)により認可、規制を受けます。当資料は英国および欧州経済領域(EEA)加盟国においては、FCAまたはMiFID IIに定義された「プロフェッショナルな顧客」のみを対象とした宣伝目的に使用されるものです。
ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社について
業務の種類: 金融商品取引業者(投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業)
登録番号: 関東財務局長(金商)第427号
加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会(会員番号 011-01319)
一般社団法人投資信託協会

-->