マーケット・ブログ

INVESTING
17 July 2019

The Future Is Green (But It Comes in Many Different Shades)

By Nathalie Cuadrado

UK Targets Zero Emissions by 2050—First Amongst G7 Nations

This month the UK government announced its Green Finance Strategy aimed at reducing net greenhouse gas emissions to zero by 2050, a step change from the 2008 Climate Change Act which had set goals to reduce emissions by 80% by 2050. The UK is the first among G7 nations to adopt such a challenging target. Focusing on emissions from homes, transport, farming and industry, the UK’s initiative will likely pressure the remaining G7 countries and other European nations to follow suit. With governments pushing the climate agenda forward, one way to increase investment fast is to tap the still small green bond market.

Growing Fast With Increased Diversification

We have seen a significant increase in green/sustainable bond issuance with growth of 120% year-over-year (YoY) in non-financials and 36% YoY in financials, through June of this year.

Currently, the corporate green bond market is dominated by financials (42%) and utilities (33%). With governments such as the UK pushing the climate agenda forward and looking to boost investment for green priorities, it is likely that a broader range of sectors and issuers could seek to access this growing market. We are already seeing this in 2019 with inaugural issuance from new sectors such as chemicals and retail.

Different Shades of Green?

However, with the diversification comes an increased range of green shading. This highlights the need to differentiate, by analyzing not only the green bond framework but also the issuers’ overall strategies, which can significantly contribute to strengthening or weakening confidence in the green credentials of a bond.

In the utilities sector, eligible projects are generally uncontroversial, such as building wind farms. With the new entrants, there has been a more diverse use of proceeds as green bonds have been used to finance R&D and manufacturing capacity for more energy-efficient products. While these are valid under the Paris Agreement (December 2015) of the U.N. Framework Convention on Climate Change’s 2°C scenario—which “sets out to strengthen the global response to the threat of climate change by keeping a global temperature rise this century well below 2 degrees Celsius above pre-industrial levels”—the key question is where to set the bar to guarantee substance. For example one consumer product company’s target is to improve energy efficiency in its products by 10%, whereas another similar consumer company is looking for a 15% improvement. The green bond framework from a chemical company looks to have a stronger rationale, with part of the proceeds expected to be used to finance R&D and the construction of facilities for EV batteries and energy-storage systems.

Standardization Is a Work in Progress

The EU has made efforts towards standardization and set up a Technical Expert Group (TEG) on sustainable finance to assist it in developing:

  1. An EU classification system to determine if an economic activity is environmentally sustainable
  2. An EU Green Bond Standard (EU GBS)
  3. Methodologies for EU climate benchmarks and disclosures for benchmarks
  4. Guidance to improve corporate disclosure of climate-related information.1
The TEG has recently issued a technical report containing its recommendations on an EU GBS. The core components are green project eligibility, content of the green framework, reporting and verification.

The aim is to set standards of eligibility projects for each industry. We believe this increased standardization will further promote growth of the market.

1 https://ec.europa.eu/info/publications/sustainable-finance-technical-expert-group_en

投資一任契約および金融商品に係る手数料(消費税を含む):
投資一任契約の場合は運用財産の額に対して、年率1.0%(抜き)を上限とする運用手数料を、運用戦略ごとに定めております。また、別途運用成果に応じてお支払いいただく手数料(成功報酬)を設定する場合があります。その料率は、運用成果の評価方法や固定報酬率の設定方法により変動しますので、手数料の金額や計算方法をこの書面に記載することはできません。投資信託の場合は投資信託ごとに信託報酬が定められておりますので、目論見書または投資信託約款でご確認下さい。
有価証券の売買又はデリバティブ取引の売買手数料を運用財産の中からお支払い頂きます。投資信託に投資する場合は信託報酬、管理報酬等の手数料が必要となります。これらの手数料には多様な料率が設定されているためこの書面に記載することはできません。デリバティブ取引を利用する場合、運用財産から委託証拠金その他の保証金を預託する場合がありますが、デリバティブ取引の額がそれらの額を上回る可能性があります。その額や計算方法はこの書面に記載することはできません。投資一任契約に基づき、または金融商品において、運用財産の運用を行った結果、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動により、損失が生ずるおそれがあります。損失の額が、運用財産から預託された委託証拠金その他の保証金の額を上回る恐れがあります。個別交渉により、一部のお客様とより低い料率で投資一任契約を締結する場合があります。
© Western Asset Management Company Ltd 2019. 当資料の著作権は、ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社およびその関連会社(以下「ウエスタン・アセット」という)に帰属するものであり、ウエスタン・アセットの顧客、その投資コンサルタント及びその他の当社が意図した受取人のみを対象として作成されたものです。第三者への提供はお断りいたします。当資料の内容は、秘密情報及び専有情報としてお取り扱い下さい。無断で当資料のコピーを作成することや転載することを禁じます。
過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。当資料は情報の提供のみを目的としており、作成日におけるウエスタン・アセットの意見を反映したものです。ウエスタン・アセットは、ここに提供した情報が正確なものであるものと信じておりますが、それを保証するものではありません。当資料に記載の意見は、特定の有価証券の売買のオファーや勧誘を目的としたものではなく、事前の予告なく変更されることがあります。当資料に書かれた内容は、投資助言ではありません。ウエスタン・アセットの役職員及び顧客は、当資料記載の有価証券を保有している可能性があります。当資料は、お客様の投資目的、経済状況或いは要望を考慮することなく作成されたものです。お客様は、当資料に基づいて投資判断をされる前に、お客様の投資目的、経済状況或いは要望に照らして、それが適切であるかどうかご検討されることをお勧めいたします。お客様の居住国において適用される法律や規制を理解し、それらを考慮する責任はお客様にあります。
ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニーDTVM(Distribuidora de Títulos e Valores Mobiliários)リミターダ(ブラジル、サンパウロ拠点)はブラジル証券取引委員会(CVM)とブラジル中央銀行(Bacen)により認可、規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーワイ・リミテッド (ABN 41 117 767 923) (オーストラリア、メルボルン拠点)はオーストラリアの金融サービスライセンス303160を保有。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーイー・リミテッド(シンガポール拠点)は、キャピタル・マーケット・サービス(CMS)ライセンス(Co. Reg. No. 200007692R) を保有し、シンガポール通貨監督庁に監督されています。ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社(日本拠点)は金融商品取引業者として登録、日本のFSAの規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・リミテッド(英国、ロンドン拠点)は英金融行動監視機構(FCA)により認可、規制を受けます。当資料は英国および欧州経済領域(EEA)加盟国においては、FCAまたはMiFID IIに定義された「プロフェッショナルな顧客」のみを対象とした宣伝目的に使用されるものです。
ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社について
業務の種類: 金融商品取引業者(投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業)
登録番号: 関東財務局長(金商)第427号
加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会(会員番号 011-01319)
一般社団法人投資信託協会

-->