マーケット・ブログ

MARKETS
15 July 2019

Know Your Economy: Why Sovereigns Matter for EM Corporate Bonds

By Mark Hughes

Emerging market (EM) corporate bonds have come a long way over the past 15 years—from a handful of investment-grade-rated issuers to a full-blown asset class with approximately $1 trillion of outstanding bonds. As clients look to expand their credit allocation into EM corporates, one common pitfall that some asset managers make is analyzing EM corporates in a similar manner to how they analyze developed market (DM) corporates. While Western Asset’s EM team would argue that EM corporates make a great complement for existing DM credit allocations, we recognize that top-down research, specifically sovereign analysis, goes hand-in-hand with proper EM corporate fundamental analysis. This blog post discusses how sovereign factors can often drive an EM corporate credit story.

Domestic business cycles can be a large driver of an individual credit’s fundamentals, ratings and even default probability. The EM corporate universe is composed of bonds from over 50 countries, each of which can have an economic cycle delinked from one other as well as from DM macro trends. At Western Asset, we believe that the diversity of the EM investment universe is a key attribute of the asset class, allowing us to construct diversified portfolios with less correlation to US assets. However, this means that attempting to forecast the macro environment is a much more complicated and impactful task in EM corporate credit analysis than, for example, it is in the US investment-grade market. The importance of getting your country call right is illustrated by the 2014-2016 economic downturn in Brazil, which caused severe stress for many Brazilian corporates. The chart below shows how the downturn in Brazilian GDP growth correlated with a spike in Brazilian corporate defaults. Going into this downturn, an investment manager could have chosen a solid credit from a bottom-up standpoint, yet could still have been run over by severe economic and political undercurrents.

Exhibit 1: Brazil High-Yield (HY) Defaults vs. Brazil GDP Growth
Source: J.P.Morgan, International Monetary Fund. As of April 2019. Select the image to expand the view.

Given a proliferation of EM countries issuing bonds over the past 10 years, bankers have increasingly placed the onus for picking sovereign winners and losers on investment managers. While both corporate bonds in a high quality domicile such as Chile are less likely to be impacted by sovereign volatility, issuance by companies in smaller and lower-rated countries have elevated the sovereign credit risk embedded in the EM corporate market. Economic, political and even ESG-related developments can rapidly form headwinds for corporate bond issuers with an otherwise favorable industry or asset base. Instead of just looking at a company in a vacuum, Western Asset endeavors to make sure that our clients are being paid for sovereign risk in addition to traditional sources of credit risk such as those based on business models or competitive dynamics.

One of the historical criticisms of the EM corporate bond market has been its tendency to promote a currency mismatch between a company’s revenues and debt load. This issue highlights a key aspect of EM corporate credit analysis—assessing the vulnerability of a company to changes in domestic demand and earnings power in US dollars. An example comes to mind of a large EM telecom bond issuer whose revenues, which were partially denominated in Haitian gourde and Papua New Guinean kina, had been a drag on otherwise stable operations. In response to these concerns, export-oriented industries with US dollar-correlated revenues such as pulp and paper have seen strong investor interest and spread performance in recent years. As a result, when it comes to assessing vulnerable sovereigns, Western Asset places a premium on EM corporates with improving domestic conditions and resilient sources of revenue.

While bottom-up credit selection will always be a first line of defense for EM corporate managers, Western Asset believes that incorporating macro and sovereign analyses into the investment process is key to performance. Our EM investment professionals who are located throughout our global offices and our cohesive, team-based approach allow us to integrate this information into thoughtful portfolio construction and risk/reward outcomes. When it comes to EM corporate credit analysis, we believe there is truly no substitute for having local professionals in the markets where the credits originate.

投資一任契約および金融商品に係る手数料(消費税を含む):
投資一任契約の場合は運用財産の額に対して、年率1.0%(抜き)を上限とする運用手数料を、運用戦略ごとに定めております。また、別途運用成果に応じてお支払いいただく手数料(成功報酬)を設定する場合があります。その料率は、運用成果の評価方法や固定報酬率の設定方法により変動しますので、手数料の金額や計算方法をこの書面に記載することはできません。投資信託の場合は投資信託ごとに信託報酬が定められておりますので、目論見書または投資信託約款でご確認下さい。
有価証券の売買又はデリバティブ取引の売買手数料を運用財産の中からお支払い頂きます。投資信託に投資する場合は信託報酬、管理報酬等の手数料が必要となります。これらの手数料には多様な料率が設定されているためこの書面に記載することはできません。デリバティブ取引を利用する場合、運用財産から委託証拠金その他の保証金を預託する場合がありますが、デリバティブ取引の額がそれらの額を上回る可能性があります。その額や計算方法はこの書面に記載することはできません。投資一任契約に基づき、または金融商品において、運用財産の運用を行った結果、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動により、損失が生ずるおそれがあります。損失の額が、運用財産から預託された委託証拠金その他の保証金の額を上回る恐れがあります。個別交渉により、一部のお客様とより低い料率で投資一任契約を締結する場合があります。
© Western Asset Management Company Ltd 2019. 当資料の著作権は、ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社およびその関連会社(以下「ウエスタン・アセット」という)に帰属するものであり、ウエスタン・アセットの顧客、その投資コンサルタント及びその他の当社が意図した受取人のみを対象として作成されたものです。第三者への提供はお断りいたします。当資料の内容は、秘密情報及び専有情報としてお取り扱い下さい。無断で当資料のコピーを作成することや転載することを禁じます。
過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。当資料は情報の提供のみを目的としており、作成日におけるウエスタン・アセットの意見を反映したものです。ウエスタン・アセットは、ここに提供した情報が正確なものであるものと信じておりますが、それを保証するものではありません。当資料に記載の意見は、特定の有価証券の売買のオファーや勧誘を目的としたものではなく、事前の予告なく変更されることがあります。当資料に書かれた内容は、投資助言ではありません。ウエスタン・アセットの役職員及び顧客は、当資料記載の有価証券を保有している可能性があります。当資料は、お客様の投資目的、経済状況或いは要望を考慮することなく作成されたものです。お客様は、当資料に基づいて投資判断をされる前に、お客様の投資目的、経済状況或いは要望に照らして、それが適切であるかどうかご検討されることをお勧めいたします。お客様の居住国において適用される法律や規制を理解し、それらを考慮する責任はお客様にあります。
ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニーDTVM(Distribuidora de Títulos e Valores Mobiliários)リミターダ(ブラジル、サンパウロ拠点)はブラジル証券取引委員会(CVM)とブラジル中央銀行(Bacen)により認可、規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーワイ・リミテッド (ABN 41 117 767 923) (オーストラリア、メルボルン拠点)はオーストラリアの金融サービスライセンス303160を保有。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーイー・リミテッド(シンガポール拠点)は、キャピタル・マーケット・サービス(CMS)ライセンス(Co. Reg. No. 200007692R) を保有し、シンガポール通貨監督庁に監督されています。ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社(日本拠点)は金融商品取引業者として登録、日本のFSAの規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・リミテッド(英国、ロンドン拠点)は英金融行動監視機構(FCA)により認可、規制を受けます。当資料は英国および欧州経済領域(EEA)加盟国においては、FCAまたはMiFID IIに定義された「プロフェッショナルな顧客」のみを対象とした宣伝目的に使用されるものです。
ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社について
業務の種類: 金融商品取引業者(投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業)
登録番号: 関東財務局長(金商)第427号
加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会(会員番号 011-01319)
一般社団法人投資信託協会

-->