リサーチ - リサーチペーパー


          開始日    終了日           
2015年6月1日以降に執筆されたホワイトペーパーの一覧です。
利上げは金融引き締めではない 利上げは金融引き締めではない
6月14日のFRBによる利上げの背景とその影響について、ポートフォリオ・マネージャーのJ. スコルニックが解説します。
Western Asset
2017年6月16日
「リフレ」期待が高まる中、当社では「緩やかな回復」を予想 「リフレ」期待が高まる中、当社では「緩やかな回復」を予想
当社が引き続き、世界経済は非常に遅いペースながら回復し続けると考える背景について、最高投資責任者(CIO)のS.ケネス・リーチが解説します。
Ken Leech
2017年6月6日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2017年6月号 「働き方改革」の射程 ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2017年6月号 「働き方改革」の射程
「ニッポン一億総活躍プラン」の中核をなす「働き方改革」は、長時間労働の是正や同一労働同一賃金の方向性で動き始めた
Kazuto Doi
2017年5月30日
エマージング債券Q&A エマージング債券Q&A
ポートフォリオ・マネージャーのケビン・リッターと、ポートフォリオ・スペシャリストのスティーブ・サルワタリが、エマージング債券の魅力と当社の投資アプローチについてについてQ&A形式にてご説明いたします。
Western Asset
2017年5月25日
低金利環境下でインカムを確保する:ウエスタン・アセットのマルチアセット・クレジット(MAC)戦略 低金利環境下でインカムを確保する:ウエスタン・アセットのマルチアセット・クレジット(MAC)戦略
足元では低金利環境が続いているため、世界中の個人投資家や年金基金、機関投資家にとっては、魅力的なインカム収入源を獲得することが困難となっている。多種多様な投資機会が存在すること、また資産配分や投資のタイミング、リスク管理などが非常に複雑になっていることが課題となっている。本稿では、当社のマルチアセット・クレジット(MAC)戦略について解説したい。この戦略は、低成長・低金利環境の中で高いインカムの確保を目指すお客様にとって魅力的なソリューションになると考えられる。
Robert O. Abad, Douglas Wade
2017年5月8日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2017年5月号 財政持続性の含意 ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2017年5月号 財政持続性の含意
現在の1億 2,709万人から2065 年に8,807 万人まで総人口の減少が予想されるが、日本の財政持続性への意味合いは何か。
Kazuto Doi
2017年4月27日
税制改革はむしろ金利低下をもたらす理由 税制改革はむしろ金利低下をもたらす理由
米国で税制改革が実施された場合、金利が上昇するというのが市場のコンセンサスとなっている一方で、税制改革によりかえって金利は低下し、債券市場の見通しが改善する可能性が高いと考える点について解説します。
Michael J. Bazdarich
2017年4月27日
FRBの再投資終了によってもたらされる新たな投資機会 FRBの再投資終了によってもたらされる新たな投資機会
FRBの「テーパリング」(出口戦略)開始時期と、それが債券市場に及ぼす影響について、ポートフォリオ・マネージャーのボニー・ウォントラクールが解説します。
Bonnie Wongtrakool
2017年4月4日
ウエスタン・アセットの運用哲学の実践 ウエスタン・アセットの運用哲学の実践
当レポートでは、当社の核となる運用哲学について考察し、その意味するところ、すなわち運用哲学の実践について解説します。
Western Asset
2017年3月31日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2017年4月号 「物語」としてのトランプ ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2017年4月号 「物語」としてのトランプ
オバマケア修正法案の共和党下院での審議は結局法案の撤回という驚きの結末を迎えた。期待主導のトランプ相場も転換点を迎えようとしているのか。
Kazuto Doi
2017年3月29日
グローバル投資:パッシブ運用の代償 グローバル投資:パッシブ運用の代償
グローバル債券市場ではアクティブ運用こそが分散投資のメリットを享受し、リターン獲得の機会があるという点についてプロダクト・スペシャリストのロバート・アバドが解説します。
Robert O. Abad
2017年3月14日
米国政府のインフラ投資プロジェクトの財源を確保できる実証済みの方法 米国政府のインフラ投資プロジェクトの財源を確保できる実証済みの方法
インフラ投資は、上下両院の超党派的な行動が多数の雇用を創出し、経済成長を押し上げ、米国の投資家に収益機会をもたらし、米国経済に活力を与えることができる唯一の事案と考えられている。米国はインフラ投資を必要としているのだ。
Robert E. Amodeo
2017年3月8日
住宅金融市場改革に向けた取り組み 住宅金融市場改革に向けた取り組み
トランプ政権の政策を巡り不透明感が高まっている中で、当社は、新政権の政策方針が債券市場に及ぼす影響をレビューし、お客様のポートフォリオにとって魅力的な投資機会を見極めることに注力している。
Western Asset
2017年3月8日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2017年3月号 成長率のジレンマ ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2017年3月号 成長率のジレンマ
トランプ氏の米大統領選勝利以降のリスクオンの市場環境の背景には、成長・ビジネス志向の政策以外に、循環的な景気回復が世界的に拡大するなど幸運に恵まれた部分も大きい。
Kazuto Doi
2017年3月6日
経済見通しは「楽観論」を正当化しているか 経済見通しは「楽観論」を正当化しているか
最高投資責任者(CIO)のS. ケネス・リーチが、足元の経済状況において、分散投資がいかに重要かについて解説します。
Ken Leech
2017年3月3日
バンクローンの投資機会 バンクローンの投資機会
ポートフォリオ・マネージャーのTJセトルが、米国バンクローン戦略の魅力的な投資機会についてQ&A形式にてご紹介いたします。
Timothy J. Settel
2017年3月3日
2017年のFRBに関する考察 2017年のFRBに関する考察
ジョン・ベロウズが政策の不透明感が高い環境におけるFRBの動向について考察します。
John L. Bellows, Western Asset
2017年1月31日
ウエスタン・アセットのアンコンストレインド運用の概要 ウエスタン・アセットのアンコンストレインド運用の概要
最高投資責任者(CIO)のS. ケネス・リーチが、顧客重視に基づいた当社のアンコンストレインド運用戦略についてご説明します。
Ken Leech
2017年2月10日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2017年1月号 トランプ現象の真相 ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2017年1月号 トランプ現象の真相
トランプ大統領就任以来、保護主義的動きが加速し世界経済への悪影響、さらに、メディアとの対立の激化が懸念されている。
Kazuto Doi
2017年2月8日
WISER(ワイザー): ウエスタン・アセットの新リスクシステム WISER(ワイザー): ウエスタン・アセットの新リスクシステム
弊社が開発した新リスク・システムのWISERについてQ&A形式にてご紹介いたします。
Western Asset
2017年1月10日
米国コア戦略 米国コア戦略
当社の米国コア戦略について解説し、運用選択肢が数々ある中で当戦略が投資家にとって引き続き魅力的である理由を説明します。
Frederick R. Marki, Travis Carr
2016年12月29日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2016年12月号 量的緩和の今後 ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2016年12月号 量的緩和の今後
9月の日銀の政策転向以降、量的緩和政策を行っている他の中央銀行でも量的緩和のあり方が変化しつつある。
Kazuto Doi
2016年12月29日
グローバル・マルチ・セクター(GMS)戦略 グローバル・マルチ・セクター(GMS)戦略
運用開始から20年目を迎えた当社のGMS 戦略についてQ&A 形式にて解説します。
Ken Leech, Michael B. Zelouf, Ian R. Edmonds
2016年12月9日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2016年11月号 政策転換リスクへの備え ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2016年11月号 政策転換リスクへの備え
米大統領選挙後の市場の動きは、低成長、低インフレから高インフレ、高成長へとシフトしているようにみえる。
Kazuto Doi
2016年12月2日
トランプ氏が次期米大統領となることにより何が予想されるだろうか。 トランプ氏が次期米大統領となることにより何が予想されるだろうか。
最高投資責任者(CIO)のS. ケネス・リーチが、財政刺激策により経済状況が大きく変化する可能性があるとの市場の見方を概観します。
Ken Leech
2016年11月30日
マクロオポチュニティーズ:低金利環境におけるフレキシブルな運用戦略 マクロオポチュニティーズ:低金利環境におけるフレキシブルな運用戦略
プロダクト・スペシャリストのJ.フェリセッティが、フレキシブルな運用手法を利用し、顧客ポートフォリオを分散、厳しい市場環境時にも好成果を収めている、マクロオポチュニティーズ戦略について解説します。
Joseph A. Filicetti
2016年11月30日
債券投資の収益機会を考える 債券投資の収益機会を考える
9月に日銀が「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入して、もとより極端に低水準にある金利水準に加えて、「金利操作」をうけて金利のボラティリティの水準も大幅に低下し、伝統的な債券の収益源泉である利回りと価格変動の両面から債券投資の収益機会が損なわれている。
Kazuto Doi
2016年11月11日
総合型インデックスのトレンド及び投資機会 総合型インデックスのトレンド及び投資機会
ポートフォリオ・マネージャーのボニー・ウォントラクールがブルームバーグ・バークレイズ総合型インデックスのこの10年あまりの変化について検証し、またこの変化がアクティブ運用にとって付加価値を高める機会について解説します。
Bonnie Wongtrakool
2016年11月9日
2016年10月6日 CIOオンラインプレゼンテーション(要約) 2016年10月6日 CIOオンラインプレゼンテーション(要約)
今回のCIO(S. ケネス・リーチ)によるウエブキャストでは、景気・物価状況がスプレッドセクターにとってサポート要因であり続けている理由、また、中央銀行の金融緩和政策が今後も必要な措置として積極的に行われていくとみられる理由を概説する。
Ken Leech
2016年11月7日
日銀転向後の円債投資 日銀転向後の円債投資
日銀の政策転換は、量からイールドカーブ・コントロールへと政策の軸足を動かすことで、インフレ予想へのてこ入れと金融緩和の持続性向上を目指したものであり、これまでの黒田日銀の政策ロジックと整合的なものである。
Kazuto Doi
2016年10月5日
非伝統的金融政策の形 非伝統的金融政策の形
8月のジャクソンホールで、イエレン議長は将来の不況に対する金融政策での対応力に関する議論を行った。
Kazuto Doi
2016年9月27日
マルチアセット・クレジット(MAC)戦略 マルチアセット・クレジット(MAC)戦略
MAC 戦略について副CIO のマイケル・ブキャナンとプロダクト・スペシャリストであるロバート・アバドがQ&A 形式にて解説します。
Michael C. Buchanan
2016年9月7日
ジャクソンホール-FRBは岐路に立たされているのか? ジャクソンホール-FRBは岐路に立たされているのか?
FRBによる相反する発言について、ジョン・ベロウズが解説します。
John L. Bellows
2016年9月7日
フラット化しているイールドカーブ:本当に「今回は違う」のだろうか? フラット化しているイールドカーブ:本当に「今回は違う」のだろうか?
最高投資責任者(CIO)のS. ケネス・リーチが、イールドカーブのフラット化について解説し、なぜ毎回「今回は違う」と市場が切り抜けようとすることが機会を逃しているかを概観します。
Ken Leech
2016年8月25日
ボンドはそれでも生き続ける:債券は、株価の下落局面では、依然として分散効果を提供する最も有効な手段の1つである ボンドはそれでも生き続ける:債券は、株価の下落局面では、依然として分散効果を提供する最も有効な手段の1つである
ポートフォリオ・マネージャーのアンドリュー・コーマックが、なぜ債券が株式市場のリスクに対する最良かつ最も信頼できるヘッジ手段の一つであるかについて解説します。
Andrew Cormack
2016年8月22日
アンコンストレインド運用 アンコンストレインド運用
プロダクト・スペシャリストのロバート・アバドが、当社はアンコンストレインド戦略の投資妙味は今後も高まり続けると考えている理由について解説します。
Robert O. Abad
2016年8月4日
円債投資コメント 三本の矢の教え 円債投資コメント 三本の矢の教え
参議院選挙での与党大勝を受け、異次元の金融緩和政策から超低金利を活用しての財政政策へと政策の軸足を行させる方針だ。
Kazuto Doi
2016年8月1日
クレジット市場における投資機会 クレジット市場における投資機会
マイケル・ブキャナン副CIOが、当社がクレジット市場には依然として魅力的な投資機会があると考える背景について解説します。
Michael C. Buchanan
2016年7月12日
円債投資コメント 0.5%成長の現実 円債投資コメント 0.5%成長の現実
金融政策は経済活動を刺激できても、経済のパイそのものを増やすことはできない。むしろ、金融政策の行き過ぎは資産価格や所得配分を歪める可能性が高い。
Kazuto Doi
2016年7月1日
厳しい市場環境下で投資収益を実現するには 厳しい市場環境下で投資収益を実現するには
サンガブリエル山脈を臨むカリフォルニア州パサデナの本社で、ウエスタンアセットのケン・リーチ最高 投資責任者(CIO)は、今後数カ月から数年は投資家にとって決して平坦ではない道のりになるとの見解 を示しました。債券市場も同様に将来に慎重な見方を示していますが、株式市場の見通しはそれよりやや強気です。しかし、こうした違い、そして今後予想されるボラティリティがアクティブ投資家に投資 機会をもたらすとリーチは指摘します。今後の見通しについて、さらに詳しく話を聞きました。
Ken Leech
2016年6月27日
英国がEU離脱を票決 英国がEU離脱を票決
英国は国民投票でEU 離脱を選択した。これは歴史的決定であり、従来の枠組みを変え、 市場を通じて余波をもたらし続けるだろう。本稿では政治的・経済的影響を論じるとともに、 英国、欧州の債券・為替市場にとって何を意味するかを考える。
Andrew J. Belshaw
2016年6月27日
商業不動産および商業用不動産担保証券(CMBS)市場の現在の状況 商業不動産および商業用不動産担保証券(CMBS)市場の現在の状況
ポートフォリオ・マネージャー兼リサーチ・アナリストのハリスA. トライフォンが直近のボラティリティ上昇を背景としたCMBS市場の問題と投資機会について解説します。
Harris A. Trifon
2016年6月21日
住宅金融市場改革推進へ 住宅金融市場改革推進へ
ポートフォリオ・マネージャーのB.ウォントラクールが住宅金融市場改革推進について解説します。
Bonnie Wongtrakool
2016年6月15日
グローバルの景気後退懸念が後退したが先行き透明感はどうだろうか。 グローバルの景気後退懸念が後退したが先行き透明感はどうだろうか。
最高投資責任者(CIO)のS. ケネス・リーチが、ファンダメンタルズの変化とFRBの6月利上げについて概観します。
Ken Leech
2016年6月3日
円債投資コメント 時事コラム:アベノミクスは誠実か 円債投資コメント 時事コラム:アベノミクスは誠実か
ここ数日「、骨太の方針(素案)」、「ニッポン一億総活躍プラン」など中長期的な経済政策の方針が相次いで示されているにもかかわらず、これらの一連の成長戦略プランから国民の多くが希望を感じることができないのはなぜか。
Kazuto Doi
2016年6月1日
Brexit:EU離脱(ブレグジット)はユートピアか否か Brexit:EU離脱(ブレグジット)はユートピアか否か
ロンドンの運用チーム統括責任者のアンドリュー・ベルシャウが、英国のEU離脱の有無を問う国民投票が市場に与える影響について解説いたします。
Andrew J. Belshaw
2016年5月17日
円債投資コメント 時事コラム:ちぐはぐな政策、問われる思想 円債投資コメント 時事コラム:ちぐはぐな政策、問われる思想
日銀によるマイナス金利導入以降の円高、株安といった市場の変調は、アベノミクスへの市場の懐疑を意味しているのか。
Kazuto Doi
2016年5月1日
プエルトリコにおける法の支配:法改正はどのような影響をもたらすか? プエルトリコにおける法の支配:法改正はどのような影響をもたらすか?
米地方債運用チームの責任者であるロバート E. アモデオが、プエルトリコの法改正の影響を解説します。
Robert E. Amodeo
2016年4月11日
円債投資コメント 時事コラム:日銀によるマイナス金利の歪み 円債投資コメント 時事コラム:日銀によるマイナス金利の歪み
マイナス金利導入後、国債金利は10 年までマイナス化するなど、円債市場の約60%の時価総額分がマイナス領域に水没している。
Kazuto Doi
2016年4月1日
中国に関するアップデート 中国に関するアップデート
デズモンド・スーン(ポートフォリオ・マネージャー)が、中国に関する最新情報をご提供します。
Desmond Soon
2016年3月31日
長期社債投資の根拠 長期社債投資の根拠
プロダクト・スペシャリスト兼エコノミストのマイケル・バズダリッチが、当社が長期社債に投資機会があると考える背景についてご説明します。
Michael J. Bazdarich
2016年3月23日
現在のクレジット市場の悲観論は根拠があるのだろうか 現在のクレジット市場の悲観論は根拠があるのだろうか
最高投資責任者(CIO)のS. ケネス・リーチが、クレジット市場のボラティリティと、FRBが描く「二つの現実」について概観します。
Ken Leech
2016年3月2日
FRBアップデート FRBアップデート
FRBによる次回の利上げについて、ポートフォリオ・マネージャー兼リサーチ・アナリストのジョン・ベロウズが解説します。
John L. Bellows
2016年3月2日
円債投資コメント 時事コラム:マイナス金利政策の位置付け 円債投資コメント 時事コラム:マイナス金利政策の位置付け
日銀の導入したマイナス金利を巡って、市場の混乱が続いている。
Kazuto Doi
2016年3月1日
エージェンシーMBSの優位性 エージェンシーMBSの優位性
ポートフォリオ・マネージャーのボニー・ウォントラクールが、債券ポートフォリオのコア資産としてエージェンシーMBSの組み込みを推奨する理由についてご説明いたします。
Bonnie Wongtrakool
2016年2月5日
日銀の導入したマイナス金利を考える 日銀の導入したマイナス金利を考える
Kazuto Doi
2016年2月3日
時事コラム:市場変動をどうみるか 時事コラム:市場変動をどうみるか
年明けから市場は大荒れである。かくも激しい市場変動は何を意味しているのか。もちろん、自分達が知らない何かに対する負の連想が価格変動増幅している面もあるが、一方で、価格変動の激しさと対応するほど悪化した現実の統計・指標は見当たらない。
Kazuto Doi
2016年2月1日
ダイバーシファイド・ローン・オポチュニティー戦略 ダイバーシファイド・ローン・オポチュニティー戦略
現在、利回り追求の動きは流動性の低い投資対象にシフトする傾向が強まっています。このレポートでは、アナップ・アガーワル(MBS/ABSチーム統括)とエリオット・ニューマイヤー(MBS/ABSのプロダクト・スペシャリスト)が、銀行の貸出能力を制約してきた新しい国際銀行(BIS)規制を踏まえた投資機会について論じます。
Anup Agarwal, Elliott R. Neumayer
2016年1月7日
FRBアップデート:利上げの次は何が来るだろうか FRBアップデート:利上げの次は何が来るだろうか
ポートフォリオ・マネージャー兼リサーチ・アナリストのジョン・ベロウズによるFRBによる12月の利上げの是非と来年の動向についてのレポートです。
John L. Bellows
2015年12月11日
グローバル・トータル・リターン戦略 グローバル・トータル・リターン戦略
今回のQ&Aでは、プロダクト・スペシャリストのC・マシューズが投資適格級のみを投資対象にしたアンコンストレインド戦略についてご説明します。
Catherine L. Matthews
2015年11月27日
スプレッドセクターは10月に上昇したが下振れリスクを注視していく スプレッドセクターは10月に上昇したが下振れリスクを注視していく
最高投資責任者(CIO)のS. ケネス・リーチが、米国の市場動向、FRBの金融政策、金利スワップ市場について概観します。
Ken Leech
2015年11月27日
FRBアップデート:政策金利の据え置きを決定 FRBアップデート:政策金利の据え置きを決定
米連邦準備制度理事会(FRB)が9月17日に下した決断について、ベロウズは以下の見解を提示している。
John L. Bellows
2015年9月18日
マルチアセット・クレジット戦略 マルチアセット・クレジット戦略
C. オンドーフ(ポートフォリオ・マネージャー)とR. アバド(プロダクト・スペシャリスト)が、グローバル・クレジット市場において目標リスク・バジェットの範囲内でリターンを最大化することを目指すマルチアセット・クレジット(MAC)戦略についてご説明します。
Christopher Orndorff, Robert O. Abad
2015年9月10日
市場コメンタリー 2015年8月 市場コメンタリー 2015年8月
FRBが政策金利を引き上げの是非、ならびにその時期がいつになるかは債券市場の注目材料であるが、主要イベントではない。それよりも注目すべき点は、米国と世界の経済成長動向の乖離であり、何より重要なのは「インフレ」である。インフレ率の安定化と労働市場の持続的改善というイエレンFRB議長が掲げる利上げの条件は十分に満たされている。
Ken Leech
2015年8月25日
債券市場の流動性の定量化 債券市場の流動性の定量化
チーフ・リスク・オフィサーのケネス・ウィンストンが流動性のレベルを5段階に分類してご説明します。
Kenneth J. Winston
2015年8月25日
債券市場の流動性低下についての見解 債券市場の流動性低下についての見解
副CIOのマイケル・ブキャナンが債券市場の流動性低下についての背景や影響、今後の見通しなどについて見解を述べます。
Michael C. Buchanan
2015年8月5日
エネルギーE&P企業の苦難の道のり エネルギーE&P企業の苦難の道のり
リサーチ・アナリストのJ. ギブソン・クーパーによると原油関連企業のファンダメンタルズは改善しているがその他の要素が原油先物カーブ上昇の押しとどめている。
J. Gibson Cooper
2015年7月15日
中国の株式市場のボラティリティが引き起こした懸念 中国の株式市場のボラティリティが引き起こした懸念
エマージング・マーケット統括責任者のチャー・リァン・リンによる最近の中国市場の動きについての考察です。
Chia-Liang Lian
2015年7月10日
マクロ投資の重要性 マクロ投資の重要性
世界の主要中央銀行は重大な岐路に差しかかっている可能性があり、米連邦準備制度理事会(FRB)と特に欧州中央銀行(ECB)と日銀(BoJ)といった他の先進国中央銀行との間で、金融政策の違いは今後数年間で更に進むとみられる。そこで当レポートでは、債券ポートフォリオの将来のリターンおよびリスク管理におけるマクロ投資の重要性について、改めて考察する。
Gordon S. Brown
2015年6月30日
マクロ・オポチュニティーズ: 運用開始から3年が経ち… マクロ・オポチュニティーズ: 運用開始から3年が経ち…
プロダクト・マネージャーのジョセフ・フィリチェッティが、当プロダクトの運用状況について振り返り、また今後の活用方法についてご説明します。
Joseph A. Filicetti
2015年6月24日
FRBアップデート:  FRBは期待外れなGDPを懸念しているか FRBアップデート: FRBは期待外れなGDPを懸念しているか
ポートフォリオ・マネージャー兼リサーチ・アナリストのジョン・ベロウズによるFRBの金利見通しについてのレポートです。
John L. Bellows
2015年6月23日