リサーチ - リサーチペーパー


         開始日    終了日           
2018年8月1日以降に執筆されたホワイトペーパーの一覧です。
不確実性を受け入れる 不確実性を受け入れる
当社の最高投資責任者 (CIO) のケン・リーチが、新型コロナウイルスの影響により市場見通しが不透明な中、当社の全般的な運用方針、特に投資適格社債へのアロケーションの重要性について解説します。
Ken Leech
2020年5月29日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2020年4月号 無制限国債購入とシムズ理論 ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2020年4月号 無制限国債購入とシムズ理論
日銀は4月27日の金融政策決定会合で、国債の購入量に関して、これまでの年80兆円めどを撤廃し、必要な量を制限なく購入できるように変更した。
Kazuto Doi
2020年4月28日
非清算店頭デリバティブ取引に係る証拠金規制(Uncleared Margin Rules, UMR)について 非清算店頭デリバティブ取引に係る証拠金規制(Uncleared Margin Rules, UMR)について
投資に際してデリバティブを利用する場合、「非清算店頭デリバティブ取引に係る証拠金規制(UMR)」、すなわち中央清算機関を通じた決済が行われていない店頭デリバティブ取引に適用される証拠金規制に留意する必要があります。
Daniel Shiggins
2020年3月18日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2020年2月号 歪んだイールドカーブの弊害 ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2020年2月号 歪んだイールドカーブの弊害
日銀の黒田総裁は衆議院財務金融委員会で、IMFが提言した長期金利目標の年限の短期化について、現時点では具体的に議論する段階にはないとしつつも、将来的な検討材料との見解を示した。
Kazuto Doi
2020年2月27日
市場コメント 市場コメント
当社の最高投資責任者 (CIO) のケン・リーチが、新たな向かい風となる事象や情勢の影響を考慮しつつも、世界経済の成長について楽観的な見通しを維持する方針について解説します。
Ken Leech
2020年2月27日
FRBアップデート2020 FRBアップデート2020
インフレ率を重視した政策など直近のFRBの見通しについて、ポートフォリオ・マネージャーのジョン・ベロウズが概略を説明します。
John L. Bellows
2020年1月8日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント   2019年12月号 収益構造の転換点を迎える債券市場 ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2019年12月号 収益構造の転換点を迎える債券市場
過去約20年にわたり、低い金利水準にもかかわらず円債市場は低リスクかつ安定的な収益を上げ、多くの投資家の収益基盤として大きな役割を果たしてきた。
Kazuto Doi
2019年12月26日
2020年の世界経済成長は楽観的な見通し 2020年の世界経済成長は楽観的な見通し
持続的な金融緩和政策に支えられ、経済成長が改善するとみる、当社の楽観的な今後の見通しについてCIO(最高投資責任者) のケン・リーチが解説します。
Ken Leech
2019年12月5日
FRBの反応関数の変化についての考察 FRBの反応関数の変化についての考察
ポートフォリオ・マネージャーのジョン・ベロウズが、FRBの経済指標に対するリアクションの変化の背景について考察します。
John L. Bellows
2019年9月13日
運用環境の変化 運用環境の変化
当レポートでは弊社のCIO(最高投資責任者) ケン・リーチが、当四半期の運用環境の大きな変化や当社の今後の見通しについて解説します。
Ken Leech
2019年9月8日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2019年7月号 グローバルな低インフレの背景 ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2019年7月号 グローバルな低インフレの背景
グローバルな低インフレ傾向に呼応し、主要中央銀行に対する金融緩和期待が高まっている。
Kazuto Doi
2019年7月31日
FRBによる金利引き下げの必要条件 FRBによる金利引き下げの必要条件
ポートフォリオ・マネージャーのジョン・ベロウズが、FRBが再び金融緩和に踏み切るために必要となる要素について検証します。
John L. Bellows
2019年6月25日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2019年6月号 緩和競争は円高を招くのか ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2019年6月号 緩和競争は円高を招くのか
米連邦公開市場委員会(FOMC)は、政策金利は据え置いたものの緩和方向への方針転換を明確にした。
Kazuto Doi
2019年6月24日
21世紀の貿易戦争: 「最前線」からの視点 アップデート 21世紀の貿易戦争: 「最前線」からの視点 アップデート
プロダクト・スペシャリストのロバート・アバドが貿易戦争に関する最新のヘッドラインを読み解き、貿易摩擦がもたらす潜在的な影響について解説します。
Robert O. Abad
2019年6月21日
市場見通し 市場見通し
最高投資責任者(CIO)ケン・リーチにより、世界経済成長が底堅く推移するとの見通しを維持する要因について解説します。
Ken Leech
2019年6月10日
ウエスタン・アセットのカスタム・クライアント・ソリューションへの取り組み ウエスタン・アセットのカスタム・クライアント・ソリューションへの取り組み
お客様固有のリスク・プロファイルを理解し、ポートフォリオの状況および投資目的に応じた最適な投資ソリューションのご提供に努めていきます。
Ahmet E. Kocagil, PhD, Roberto Apelfeld, PhD
2019年5月31日
銀行への投資に対する考察:銀行におけるリスクの低いビジネスモデルは依然として過小評価されている 銀行への投資に対する考察:銀行におけるリスクの低いビジネスモデルは依然として過小評価されている
米国・欧州の銀行は2008年に始まった世界金融危機の間は非常に厳しい状況となったが、その後収益・利益率は大幅に巻き戻している。しかし、投資家と格付け会社は依然として過度に弱気でいる。
Sebastian Angerer, Ivor Schucking
2019年5月30日
アクティブ通貨戦略 アクティブ通貨戦略
ゴードン・ブラウンが、為替リスク管理に対する当社のアプローチ、債券ポートフォリオのファンダメンタルズ分析を補完するための通貨バリュエーションの評価方法について説明します。
Gordon S. Brown
2019年5月29日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2019年3月号 YCC改良版 ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2019年3月号 YCC改良版
日銀のイールドカーブコントロール(YCC)政策は、そもそも市場機能を制限するものであるが、その弊害が目立ち始めている。
Kazuto Doi
2019年4月26日
ユーロ圏の経済成長見通し ユーロ圏の経済成長見通し
リチャード・ブースとゴードン・ブラウンが、ユーロ圏のバリュエーションが、改善傾向にあるファンダメンタルズと一致していないとする当社の見方について説明します。
Western Asset
2019年4月25日
2019年は「市場の声を聴く」FRB 2019年は「市場の声を聴く」FRB
ジョン・ベロウズが、FRBが市場と対話する「ヒヤリングツアー」や「インフレ・ターゲティング戦略」について解説し、年内の追加利上げの可能性は低いと結論づけています。
John L. Bellows
2019年4月1日
戦略アップデート:米国コア戦略のレビューと米国コア・コンストレインド戦略のご紹介 戦略アップデート:米国コア戦略のレビューと米国コア・コンストレインド戦略のご紹介
ポートフォリオ・マネージャーのフレデリック・マルキとプロダクト・スペシャリストのトラビス・カーが米国コア戦略の強みについて解説します。また、新たなご提案として、米国コア・コンストレインド戦略をご紹介します。
Frederick R. Marki, Travis Carr
2019年3月20日
マルチアセット・クレジット(MAC):最近の動向 マルチアセット・クレジット(MAC):最近の動向
世界の株式市場が大揺れした2018年最後の月を終え、本稿では、リード・ポートフォリオ・マネージャー兼副CIOのマイケル・ブキャナンとプロダクトスペシャリストのロバート・アバドが、最近の変動性の高い相場環境におけるMAC戦略のパフォーマンス、現在のポジショニング、2019年のグローバル市場の見通し、足元の市場環境における投資機会などについて解説します。
Michael C. Buchanan, Robert O. Abad
2019年3月13日
インドネシアとESG 投資:ソブリン発行体に関するケース・スタディ インドネシアとESG 投資:ソブリン発行体に関するケース・スタディ
ESG 投資グローバル統括責任者のボニー・ウォントラクールとリサーチ・アナリストのウォンタイ・キムが、インドネシアを例に、「ESG 要因評価」手法を活用したソブリン発行体の分析について解説します。
Bonnie Wongtrakool
2019年3月7日
経済成長が大幅に加速するまで金利は低水準で推移するだろう 経済成長が大幅に加速するまで金利は低水準で推移するだろう
最高投資責任者(CIO)ケン・リーチが、米国・世界経済成長、インフレ動向、FRB の最近の発言や、昨年12月に大きく調整した新興国市場における投資機会について見解を示します。
Ken Leech
2019年3月6日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2019年2月号 日銀の孤独 ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2019年2月号 日銀の孤独
年初来のグローバルリスクオン相場に日本市場は取り残されている。株価は上昇 しているものの、欧米との比較では見劣りする。特に、円債市場での出遅れが顕著で ある。
Kazuto Doi
2019年2月25日
2019 年のFRB 予測:「様子見」の姿勢 2019 年のFRB 予測:「様子見」の姿勢
ポートフォリオ・マネージャーのジョン・ベロウズが、FRBのデータ重視の政策アプローチがいかに重要かについて解説します。
John L. Bellows
2019年1月24日
ブレグジット:円満な離脱か合意なき離脱、それともその中間案? ブレグジット:円満な離脱か合意なき離脱、それともその中間案?
グローバル・ポートフォリオ共同統括責任者のゴードン・ブラウンが、英国のEU離脱(ブレグジット)の3つのシナリオを取り上げ、それぞれが英国金融市場に与える影響を検討します。
Gordon S. Brown
2019年1月15日
グローバル・アウトルック2019 グローバル・アウトルック2019
ウエスタン・アセットの2019 年の市場見通しをお届けします。主要地域・セクターに対する当社の現在の見方や投資戦略を解説します。
Robert O. Abad
2018年12月28日
アンコンストレインド運用のすすめ アンコンストレインド運用のすすめ
プロダクト・スペシャリストのロバート・アバドが、アンコンストレインド運用を取り巻く投資環境について分析し、ベンチマークに左右されないアンコンストレインド運用のメリットについて解説します。
Robert O. Abad
2018年12月26日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2018年12月号 ポピュリズムの政策的含意 ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2018年12月号 ポピュリズムの政策的含意
世界的な好況期待の希望の光から始まった2018年は「混沌」の闇の中で終わろうとしている。
Kazuto Doi
2018年12月21日
グローバルリスク市場に対する楽観的な見通し グローバルリスク市場に対する楽観的な見通し
最高投資責任者(CIO)のケン・リーチが、米国とグローバルの景気格差、パウエルFRB議長の発言の影響、逆境の続くエマージング市場における投資機会などについて解説します。
Ken Leech
2018年12月6日
UMBS:ファニーメイとフレディマックの単一証券ソリューション UMBS:ファニーメイとフレディマックの単一証券ソリューション
ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅金融抵当金庫)は、モーゲージ担保証券(MBS)の発行方法を抜本的に見直す予定であり、この変更は2019年6月に実施される見通しである。
Sean Johnson
2018年11月9日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2018年11月号 米国の一人勝ちは続くのか ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2018年11月号 米国の一人勝ちは続くのか
主要経済がシンクロして成長するグローバル同時好況のテーマで始まった2018年は、予想に反し、これまでのところ米国の一人勝ちである。
Kazuto Doi
2018年10月30日
ユーロ圏アップデート ユーロ圏アップデート
ポートフォリオ・マネージャー兼リサーチ・アナリストのリチャード・ブースが、ユーロ圏経済やインフレの分析およびECB政策見通しなどを交えて、ユーロ圏の見通しについて解説します。
Richard Booth
2018年10月5日
クレジットサイクル-注目すべき指標 クレジットサイクル-注目すべき指標
プロダクト・スペシャリストのトム・マクマホンが、クレジットサイクルの「後退期」入りを示す兆候が出ていないか検証するにあたり、当社が注視している主要指標について解説します。
Thomas V. McMahon
2018年10月5日
金融政策はもう「緩和的」ではないのだろうか。 金融政策はもう「緩和的」ではないのだろうか。
ジョン・ベロウズが、FOMCのフォワード・ガイダンスが、いかに金融政策の今後を占うのに重要であるかについて解説します。
John L. Bellows
2018年10月1日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2018年9月号 リスクオンとドル ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2018年9月号 リスクオンとドル
米国が対中追加関税の第3弾を打ち出し、規模の点で米中貿易戦争はこれまでのつばぜり合いの域を超え、先行き予想が困難な未踏の領域に突入しつつある。
Kazuto Doi
2018年9月25日
クレジットサイクル:当社が注目する主な指標 クレジットサイクル:当社が注目する主な指標
当社では、クレジットサイクルに関する当社の見解についてほぼ毎日のように問い合わせを受けている。当社は今年1月、「現在はクレジットサイクルのどの段階にあるのだろうか(Where Are We in the Credit Cycle?)」と題したレポートを発行し、その中で見解を示した。そのレポートでは、クレジットサイクルが「拡大期」にあり、当面はこの状態が続く可能性があるとの考えを述べた。今回のレポートでは、当社が注視している主要指標についてさらに詳細に議論し、クレジットサイクルの「後退期」を示す初期徴候があるかを検証する。
Thomas V. McMahon
2018年9月19日
世界同時景気回復への投資機会と変化 世界同時景気回復への投資機会と変化
最高投資責任者(CIO)のケン・リーチが、世界景気の強弱のバラつき(ダイバージェンス)、エマージング市場が直面する問題、弱気相場、不透明感、リスク、景気への楽観的な見方などについて解説します。
Ken Leech
2018年9月10日
21世紀の貿易戦争: 「最前線」からの視点 21世紀の貿易戦争: 「最前線」からの視点
プロダクト・スペシャリストのロバート・アバドが現在の貿易摩擦がもたらす潜在的な影響や脆弱性について解説します。
Robert O. Abad
2018年8月23日
ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2018年8月号 「量」を巡る攻防 ポートフォリオ・マネージャー投資コメント 2018年8月号 「量」を巡る攻防
日銀の「枠組み強化」は、市場を戸惑わせている。
Kazuto Doi
2018年8月15日