マーケット・ブログ

MARKETS
31 December 2020

Boris’ Brexit Britain

By Gordon S. Brown

Since our last update in June, recent trade talks between the UK and EU have followed several plot twists and moments of suspense worthy of a festive blockbuster movie. While recognizing that negotiations were always likely to be fraught and possibly go down to the wire, our base case remained that both sides would reach an accord on some form of free trade agreement. We believe the deal that was agreed on December 24 delivered on the key issue for Brexit supporters of restoring UK sovereignty, yet despite now knowing the details, estimating the potential impact on the UK economy remains opaque given the ongoing challenges arising from the Covid pandemic.

What We Know

After more than four years of uncertainty since the Brexit referendum, the UK and EU finally agreed on an expansive free trade agreement. The deal itself was ratified by UK parliament and signed into law on December 30, having already been given unanimous provisional approval by EU officials. The trade agreement is comprehensive compared to typical trade agreements and covers trade in goods and some services, investment, energy, aviation, transport, fisheries, regulatory cooperation, level playing field provisions, dispute settlement and more. That said, the deal clearly doesn’t replicate previous arrangements, particularly with regard to services, and over time, divergence risks may emerge. With respect to some of the key political issues there will be no role for the European Court of Justice and freedom of movement will end. However, while the deal broadly ‘delivers’ from a UK perspective, it falls short in the key area of financial services where the EU is yet to grant the UK equivalence, thereby resulting in UK financial servicing firms losing automatic passporting rights from January 1, 2021.

What We Don’t Know

Despite removing uncertainty and mitigating the negative impact of a no-deal scenario, it is unclear how impactful the non-tariff frictions reintroduced by the UK leaving the EU single market and customs union will be over the long term. In the short term, some disruption to trade is inevitable as businesses adapt to the new arrangements, a view shared by the Bank of England (BoE), which forecasts this to shave around 1% off GDP growth in 1Q21. It is also still too early to estimate the positive impact of future new trade deals between the UK and other large trading partners and in addition the various domestic measures already announced aimed at boosting UK growth.

What We Expect

The short-term disruptions to trade, together with current tighter restrictions resulting from a sharp increase in new Covid cases, reinforce our view that the BoE will keep rates on hold for the foreseeable future. The announcement of a deal also lowers the risk of imported inflation (from either tariffs or currency weakness). The likelihood of the base rate being cut into negative territory is reduced in our opinion but we would not be surprised to see additional asset purchases and a strengthening of forward guidance should the growth and inflation outlook come in below the BoE’s forecasts.

From a market perspective, the level of sterling had risen sharply in recent weeks in anticipation of a deal being agreed upon and appreciated further post the deal being signed. While we believe that sterling can remain supported in the short term, we expect further strength to be limited given the aforementioned growth and inflation challenges and the prospect of further BoE easing.

Exhibit 1: GBP/USD
Explore trends of GBP versus USD
Source: Bloomberg. As of 31 Dec 20. Select the image to expand the view.

We expect UK gilt yields to remain within recent ranges with significant additional issuance next year likely to be largely offset by BoE purchases. A meaningful breakout in either direction would most likely come from a significant growth and/or inflation surprise. In that respect, the prospect of a faster than expected roll out of the Covid vaccine could provide a boost to growth but this is unlikely to meaningfully impact the inflation trajectory.

In summary Prime Minister Johnson fulfilled his pledge of ‘getting Brexit done’ but it remains far from clear what the impact of Boris’ Brexit will be for the British economy over the longer term.

投資一任契約および金融商品に係る手数料(消費税を含む):
投資一任契約の場合は運用財産の額に対して、年率1.10%(税抜き1.00%)を上限とする運用手数料を、運用戦略ごとに定めております。また、別途運用成果に応じてお支払いいただく手数料(成功報酬)を設定する場合があります。その料率は、運用成果の評価方法や固定報酬率の設定方法により変動しますので、手数料の金額や計算方法をこの書面に記載することはできません。投資信託の場合は投資信託ごとに信託報酬が定められておりますので、目論見書または投資信託約款でご確認下さい。
有価証券の売買又はデリバティブ取引の売買手数料を運用財産の中からお支払い頂きます。投資信託に投資する場合は信託報酬、管理報酬等の手数料が必要となります。これらの手数料には多様な料率が設定されているためこの書面に記載することはできません。デリバティブ取引を利用する場合、運用財産から委託証拠金その他の保証金を預託する場合がありますが、デリバティブ取引の額がそれらの額を上回る可能性があります。その額や計算方法はこの書面に記載することはできません。投資一任契約に基づき、または金融商品において、運用財産の運用を行った結果、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動により、損失が生ずるおそれがあります。損失の額が、運用財産から預託された委託証拠金その他の保証金の額を上回る恐れがあります。個別交渉により、一部のお客様とより低い料率で投資一任契約を締結する場合があります。
© Western Asset Management Company Ltd 2021. 当資料の著作権は、ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社およびその関連会社(以下「ウエスタン・アセット」という)に帰属するものであり、ウエスタン・アセットの顧客、その投資コンサルタント及びその他の当社が意図した受取人のみを対象として作成されたものです。第三者への提供はお断りいたします。当資料の内容は、秘密情報及び専有情報としてお取り扱い下さい。無断で当資料のコピーを作成することや転載することを禁じます。
過去の実績は将来の投資成果を保証するものではありません。当資料は情報の提供のみを目的としており、作成日におけるウエスタン・アセットの意見を反映したものです。ウエスタン・アセットは、ここに提供した情報が正確なものであるものと信じておりますが、それを保証するものではありません。当資料に記載の意見は、特定の有価証券の売買のオファーや勧誘を目的としたものではなく、事前の予告なく変更されることがあります。当資料に書かれた内容は、投資助言ではありません。ウエスタン・アセットの役職員及び顧客は、当資料記載の有価証券を保有している可能性があります。当資料は、お客様の投資目的、経済状況或いは要望を考慮することなく作成されたものです。お客様は、当資料に基づいて投資判断をされる前に、お客様の投資目的、経済状況或いは要望に照らして、それが適切であるかどうかご検討されることをお勧めいたします。お客様の居住国において適用される法律や規制を理解し、それらを考慮する責任はお客様にあります。
ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニーDTVM(Distribuidora de Títulos e Valores Mobiliários)リミターダ(ブラジル、サンパウロ拠点)はブラジル証券取引委員会(CVM)とブラジル中央銀行(Bacen)により認可され、また規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーワイ・リミテッド (ABN 41 117 767 923) (オーストラリア、メルボルン拠点)はオーストラリアの金融サービスライセンス303160を保有しています。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・ピーティーイー・リミテッド(シンガポール拠点)は、キャピタル・マーケット・サービス(CMS)ライセンス (Co. Reg. No. 200007692R) を保有し、シンガポール通貨監督庁に監督されています。ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社(日本拠点)は金融商品取引業者として登録され、日本の金融庁の規制を受けます。ウエスタン・アセット・マネジメント・カンパニー・リミテッド(英国、ロンドン拠点)は英金融行動監視機構(FCA)により認可され(FRN145930)、また規制を受けます。当資料は英国においては、FCAに定義された「プロフェッショナルな顧客」のみを対象とした宣伝目的に使用されるものです。また、許可を得ている特定の欧州経済領域(EEA)加盟国への配信を目的とする場合もあります。最新の承認済みEEA加盟国のリストについては、ウエスタン・アセット(電話:+44 (0)20 7422 30000)までお問い合わせください。
ウエスタン・アセット・マネジメント株式会社について
業務の種類: 金融商品取引業者(投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業)
登録番号: 関東財務局長(金商)第427号
加入協会: 一般社団法人日本投資顧問業協会(会員番号 011-01319)
一般社団法人投資信託協会

-->